難病女子の心の裏側日記

心の裏側全部出します。難病と闘いながら人生を楽しむブログ。

あぁ、私、真木よう子の喋り方ダメかも。「セシルのもくろみ」最終回 【感想・ネタバレ注意】

 

こんにちは、木ノ下コノキです。

 

 

以前こんな記事を書きましたが、この時は期待しかなかった。

kinoshitakonoki.hatenablog.com

「セシルのもくろみ」はフジテレビ毎週木曜夜10時~放送。昨夜最終回を迎えた。

 

主人公、宮地奈央がガサツ主婦から、色んな経験をして成長しモデルになっていく様を描いている作品。女の友情、嫉妬、野心とか毎回色んなことが盛り込まれていたドラマだ。

 

上記の記事は、真木よう子を擁護するようなこと書いていたけど...。

 

なんだろうな、今は残念な気持ちでいっぱいだ。

f:id:kinoshitakonoki:20170619014317j:plain

 

たしかに共感できる部分もあって「奈央頑張ってるじゃん」「成長していってるじゃん」となんだか応援したくなるシーンもあったにはあった。...あったのだけど、最終回ですべてを台無しにした感じがしたのは私だけだろうか。

 

 

やっぱり、

即席に出来上がったものはすぐに崩れてしまう

 のではないか。

 

 

もともとガサツ主婦だった宮地奈央。

 

姿勢や言葉遣いを他のモデルや講師に習ったところで、今までの何十年と板に付いていた姿勢や言葉遣いや考え方など、そうそう変えられないと思う。たしかにモデルの仕事としては成長していっていた。だけど、人間急にそんなに短期で変われないでしょ。

 

最終回の皆の前での演説?

すごく良いこと言ってる。だけど、ガサツ主婦?というよりヤンキー主婦?みたいな喋り方になっていて勿体無い。あれはわざと?結局は宮地奈央自身のままで良いってことなの?

 

宮地の「変わりたい」って気持ちに周りの人が応えてくれて、せっかくモデルとして成長をしていっていた宮地奈央。勿体無いの何者でもない。

 

 まぁ、最後には最初に言っていた「パリコレに出るのが夢」てのを叶えたんだからめでたしめでたしなんだろけどね。

 

期待が大きかった分、とても残念でなりません。

 

 

これを小説で読んだら、感想も違うかな?

 

セシルのもくろみ (光文社文庫)

セシルのもくろみ (光文社文庫)

 

 

 次回、2017年10月期のこのドラマに期待かな?

www.fujitv.co.jp

刑事ものは大好物なので、とりあえず観てみます(*´艸`*)

 

 

 最後に、

たまに見るサイト「ちゃんねるレビュー」を紹介します。

www.ch-review.net

コレ見ると、「気持ちは皆一緒」みたいです。

ドラマ、打ち切りだったんですね。なんか、納得しました。

 

では、また!

 

スポンサーリンク

 

他にもこんな記事書いています。

www.kinoshitakonoki.com

 

映画「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」主題歌、歌っているのは誰?

 

こんにちは、木ノ下コノキです。

 

 

8月18日(金)公開の「打ち上げ花火、下からみるか?横から見るか?」の主題歌、CMを見て気になっていました。

f:id:kinoshitakonoki:20170810175654j:plain

uchiagehanabi.jp

 

聴いたことのある声だな、と思っていたら

どちらも好きな歌手でした。(気付けよw)

 

DAOKOさんと米津玄師さんです。

 

DAOKOとは?

f:id:kinoshitakonoki:20170810163452j:plain

だをこ  1997年生まれ、東京都出身。ラップシンガー。

15歳の時にニコニコ動画へ投稿した楽曲で注目を集め、2012 年に1st Album『HYPER GIRL- 向こう側の女の子 -』を発売。他、RADIO J-WAVE「SONAR MUSIC」毎週月~木曜日23:30~25:00放送。毎週火曜日に担当しています。「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」では挿入歌『Forever Friends』も担当。

 

「拝啓グッバイさようなら」がアニメ「神撃のバハムートVIRGIN SOUL」のエンディングテーマに起用される。


DAOKO『拝啓グッバイさようなら』MUSIC VIDEO

 

daoko.jp


HALハル東京 面白いCM かっこいい曲アニメーション DAOKO with TeddyLoid ダイスキ

この専門学校のCMが有名ですね。

 

アニメーションのインパクトもありますが、それに負けず劣らずの耳に残る透き通るようなきれいな歌声。

 

CM曲フルで聴きたい方はこちら↓をどうぞ♪


DAOKO『ダイスキ with TeddyLoid』Music Video[HD]

 

 

そしてこの映画の主題歌「打ち上げ花火」を歌うもうひとりの歌手、米津玄師さん。

 

米津玄師とは?

f:id:kinoshitakonoki:20170810170342j:plain

米津 玄師(よねづ けんし)

 

2009年より、”ハチ”の名義でニコニコ動画へオリジナル曲を投稿し始め、「マトリョシカ」「パンダヒーロー」「結ンデ開イテ羅刹ト骸」等の作品を発表。イラストと映像も自身で手掛ける。

 


ハチ MV「マトリョシカ」HACHI / MATORYOSHKA

 

米津さんのイラストが印象的で、今も昔もスゴイ才能だな、と思ってしまう。

 

reissuerecords.net

2017年2月には羽海野チカ原作 TVアニメ「3月のライオン」エンディングテーマ「orion」を手掛ける。


米津玄師 MV「orion」

 

2017年6月にはTVアニメ「僕のヒーローアカデミア」オープニングテーマを手掛ける。

アニメ主題歌には欠かせない人物である。


米津玄師 MV「ピースサイン」

 

 

では、

この二人が手掛ける「打上花火」

をどうぞ(*´艸`*) ♪

 


DAOKO × 米津玄師『打上花火』MUSIC VIDEO

 

では、また!

 

スポンサーリンク

 

他にこんな記事も書いています。

 

純粋すぎるところが可愛いな。「過保護のカホコ」第4話 感想 ネタバレあり。

おはようございます、木ノ下コノキです。

 

昨日の「過保護のカホコ」観ていて、恋に一生懸命で純粋過ぎるほど純粋なカホコが素直に可愛いと思った。

 

初恋って、本当に何も分からなくて、「あれ?」って気持ちに気付いた時のドキドキ感とか気持ちが付いていかなくて爆発しそうになる。今のカホコはそれが上手く表現されていると思う。(もう爆発しちゃっているけどね(笑))

f:id:kinoshitakonoki:20170803090914j:plain

麦野くんのカホコに対する想いも、ものすごく良く分かった。

何かに一生懸命になっている時って、恋愛とかになかなか行けないけれど、だからと言ってその人と会いたくない訳じゃない。麦野くんの場合だと夢を叶えるまではゆっくり恋愛を楽しむ余裕が無いだけ。

 

私もそんなに器用じゃないから、仕事と恋愛の両立が難しくてよく「仕事と俺とどっちが大事なんだよ」って言われていたっけ。どっちがと言われると困っちゃうよね。それに答えるなら、どっちもなんだけど、それが難しいから選ばなきゃいけないなら仕事ってなっちゃう。だからと言って居なくなるのは嫌で「一緒に居たい」ことは伝えた結果、麦野くんのような答えになるんだと思う。

 

それをキープされてると取るか、カホコのように「誰かに必要とされてるのが嬉しい」と取るかで、今後の展開も変わるのではないか。

 

 

私も昔、ものすごく好きな人が出来て、一回告白したが振られて、でも諦めたくなくてその諦めたくない想いを好きな人に伝えたら「一緒に居たくない訳じゃないから別にいいんじゃない?」って言われて、好きなまま何度もご飯行ったりした。友達からは「それ絶対キープだよ!止めときなって」て言われていたけど諦めなかった結果、向こうから告白されたことあった。

 

相手が嫌がっていないなら、あとは時間がどうにかしてくれると思うの。

タイミングが今じゃないだけ。二人にとっていいタイミングていうのが必ずあると信じて頑張るのもいいかも。だから、カホコにとって麦野くんと付き合うタイミングが今じゃないけど、きっとこれからチャンスは訪れるんじゃないかなって思う。

 

 

本気で「頑張れ!」って応援している自分がいた。初恋って何もかもが初々しくて可愛いですよね(*´艸`*)色んな恋愛してきて擦れてくるとずる賢くなったりもするから、初恋のようなまっさらな気持ちで純粋に人を想いたいかも。これからも見逃せないカホコと麦野くんの関係。どんな風になって行くのかなー。

 

 

気になると言えば、カホコのお父さん。

f:id:kinoshitakonoki:20170803094727j:plain

twitter.com

こっちもとうとう爆発しちゃったなぁ。今まで、ずっと我慢していたもんね!カホコに対してめちゃくちゃ甘くて過保護だけど、母と娘に挟まれて、気もいっぱい使って疲れちゃったよね。今までこのお父さんが居てくれたから母と娘が何不自由なく暮らして来れたのに、「コップが洗いづらい」って理由で好きなコップ使えなかったり、言いたいことも我慢我慢でストレス溜まっていただろうなー。きっとこういうお父さん多いんじゃないかな?

 

世のお父さんたちも昨日はスッキリしたのではないだろうか。

逆に言いたいのに言えない自分に落ち込んじゃったりしたのだろうか。

 

家飛び出しちゃったお父さん。

今後この家庭がどうなって行くのか、気になる所です。

 

他にもこんな記事書いています。

 

kinoshitakonoki.hatenablog.com

kinoshitakonoki.hatenablog.com

 

スポンサーリンク

 

【映画感想】「君の名は。」観てみた。

 

【2018.01.03更新】

 

こんにちは、木ノ下コノキです。

 

 

今月26日からBlu-ray、DVDの販売&レンタル開始となった「君の名は。」。

今、お店に相当な量のレンタルが入荷しても貸出中らしいですね。

 

君の名は。

f:id:kinoshitakonoki:20170730172211j:plain

あらすじ

 千年ぶりとなる彗星の来訪を一か月後に控えた日本。山深い田舎町に暮らす女子高校生・三葉は憂鬱な毎日を過ごしていた。そんなある日、自分が男の子になる夢を見る。見覚えのない部屋、見知らぬ友人、目の前に広がるのは東京の街並み。一方、東京で暮らす男子高校生・たきも、山奥の町で自分が女子高校生になる夢を見る。やがて二人は夢の中で入れ替わっていることに気づくが――。
出会うことのない二人の出逢いから、運命の歯車が動き出す。

www.kiminona.com

 

私の愛用するビデオパスでもレンタル開始したので、観てみました。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

不覚にも感動して泣いてしまった。

 

ほんとは、全然期待してなかったんです。

 

2016年の夏にどんなに騒がれようとも、周りの反応が良くても悪くても

「自分も観てみたい!」とか一切無かったし、友達と「別に見る気ないよねw」とか言っていたのに...。ビデオパスで「何か観ようかなー」と開いたら、何故かこのタイトルに釘付けになった。

 

気になって無いようでめちゃくちゃ気になって居たのかも。

 

 

最初の15分でどっぷりハマる。

 

始まりから、壮大な景色と音楽に引き込まれる。

 

最初の5分で自分もこの物語の中に暮らしてる、そんな気になる映画だ。ヤバイ、これスゴイ面白いかも...ってなる。

 

絶対観ないと言っていた友達にこの想いを伝えてみたが、伝わらなかったらしい。

 

うー、面白いのになぁ。

 

 

ただの入れ替わりのアニメじゃなかった!

今まで、数多くの中身が入れ替わっちゃった系のドラマやアニメ、漫画等はあったと思うが、こんなにも入れ替わってしまったことに意味があったんだ!と納得した物語は初めてかも知れない!

 

 

内容は書けないけど...

 

 

もうね!私の中で震え立つ程の情熱が湧き上がってんの!体に熱が籠ってるような...やばい、誰かとこの映画について語りたいです!(笑)よく分からないテンションです。

変に興奮してるヤバイ私。

 


「君の名は。」Blu-rayスペシャル・エディション3枚組

 

 

 

「新海誠」の原作小説。

 小説の「君の名は。」

www.kadokawa.co.jp

 

これも気になるから読んでみようと思います。

 

では、また!

 


君の名は。 (角川つばさ文庫)

 

 

 

スポンサーリンク

 

他にもこんな記事書いています。

www.kinoshitakonoki.com

 

これを観れば女が分かる!ドラマ「セシルのもくろみ」の感想【ネタバレあり】

こんにちは、木ノ下コノキです。

 

 

昨夜(7/20)、第2話が放送された「セシルのもくろみ」。

このドラマの中には女のすべてが詰まっていると思う。

 

木曜劇場「セシルのもくろみ」

フジテレビ (毎週木曜夜10時~)  原作 唯川恵

f:id:kinoshitakonoki:20170721094951j:plain

あらすじ

毎日の小さな幸せに満足していたガサツ主婦、宮地奈央(真木よう子)がある日突然、読んだこともない雑誌の読者モデルにスカウトされ、人生が一変!その業界のトップクラスのモデルやメイク、編集、ライターと触れ合っていく中で、それまで感じたこともなかった価値観を見つけていくことになる。

 

女の妬み、嫉み、寂しさ、野心、友情とか...ギュギュッっと詰め込まれたドラマだ。

 

こういうドラマこそ、男性が見るべきなのではないかと思う。

女のすべてを知りすぎてイヤになってしまうかも知れないが、女性が何を考え、どう生きているのか、ここまで分かるドラマも珍しい。彼女たちと同世代の私は、「あー、分かる分かる」と思って見てしまう。と同時に女のイヤな部分が出過ぎていてイヤな気持ちにもなるドラマだ。

 

けれど何故か引き込まれてしまうのは、主人公、宮地奈央が「普通の主婦」からどう変貌を遂げるのか、というストーリーだからではないだろうか。女性は皆、変身願望がある。今の生活を変えたいという思いはあっても、なかなかそうはいかない。ドラマの主人公がその願望を叶えてくれる、だからこそドラマにのめり込むのだ。

 

 

このドラマ、初回は視聴率5.1と悪かったみたいですね。

asajo.jp

真木よう子についてボロクソ書かれてる...。あれも役どころからなのでは?と思うのだけど、どうなのでしょうね。「美」について素人といってもいい程の主婦役なんだから、間違った知識でダイエットすれば、ほんとあんな風に胸から肉落ちるし、目の下クマは出来るし肌もカサカサになる。痛々しく演じてるんだと思うのは私だけ?

 

女の良い部分はまだあまり出ていないドラマだけど、このドラマが、宮地奈央が、どんな変貌を遂げるのかすごく気になる所だ。

 

 

気になると言えば、メイク担当の安原トモ役のチュートリアル徳井がおネエなところも見どころ?の一つだ(笑)もうね!合いすぎていて笑ってしまう。ホントにおネエキャラが板についてるよね、この人。

 

 

www.fujitv.co.jp

 

キャストも全然真似出来ないような「美」の塊のような女性たちだけれど、観ていて華やかで、ドラマの端々に本当の美しさとはどんなものかを考えさせてくれるそんなドラマだ。そして、キレイになるための沢山のことが盛り込まれてる。

 

 

これを観れば、女も分かるが、女がキレイにもなれる。

男女問わず観て貰いたいドラマですね♪

 

スポンサーリンク

竹内涼真さん、「ひよっこ」の島谷さんより「過保護のカホコ」の麦野くんの方がいい感じ!【ドラマネタバレあり】

おはようございます、木ノ下コノキです。

 

 

         f:id:kinoshitakonoki:20170720064412j:plain

最近この人、テレビでよく見かけませんか?

 

この俳優さんは、NHKの連続ドラマ「ひよっこ」島谷純一郎役、「過保護のカホコ」麦野初役で出演中の「竹内涼真」さん。

 

生年月日:1993年4月26日(24歳)

血液型:A型

身長:185cm

 

 

最初、ひよっこで出てきた時は、なんか偉そうな大学生で、みね子の恋人になってからはただの優男の印象...。初めズケズケと文句言う嫌な役だなー。だけど、なんていうか存在にイライラする「みね子」のいいスパイスになってくれる役どころなのかと期待していたら、みね子と超ラブラブになってさらにイライラを倍増させる役だった(笑)

まあ、この人に非がある訳じゃないけど、なんかイマイチだなぁ。が、私の印象だった。

 

だけど、「過保護のカホコ」の番宣で色んな番組で出ていた印象は「ひよっこ」の島谷さんとはかけ離れた印象で、火曜サプライズのアポなし旅では、気さくで、サラッとアポを取ってきてくれる好青年。「これがこの人なんだなー」とかなりの好印象に変わった。

 

そこに来て、「過保護のカホコ」の麦野くん役は、過保護過ぎるくらい過保護のカホコの人生における師匠になっているではないか。ズケズケ言うし、ちょっと無謀なところもある麦野くんだけど、カホコの心に響くくらいの名言を沢山残してる。そしてそれは私の心にもかなり響いている。

 

一番印象に残った言葉は、

2話目でカホコが手を痛めてチェロが引けなくなった糸ちゃんを励ます言葉や元気になる方法など、分からないことをネットで調べた話をしたら、麦野くんの言った一言。

 

 「人生で本当に知りたいことはネットなんかに出てない!」

 

その通りだと思った。

 

いいこと言ってくれるなー、麦野くん。

 

 

 

何ていうかね、麦野くん通して「竹内涼真」さんの好感度がぐんぐん上がってる感じ、私の中で。

 

 

これからも目が離せない俳優さんです♪

 

スポンサーリンク

専業主婦の「私、家を出るから」は無謀。「屋根裏の恋人」を観ての感想、ネタバレあり。

こんにちは、木ノ下コノキです。

 

屋根裏の恋人、今主婦の間で話題みたいですね。

今井翼がこんな形でドラマに出てくるとか、私には意外過ぎたけど結構楽しんで観ています。

 

ただの不倫ドロドロドラマは苦手なのだけど、

f:id:kinoshitakonoki:20170718142123j:plain

このドラマは殺人事件が関わっていたから、そこも魅力となって毎週楽しみに観ていた。

 

だけどね、第7話を観て、ちょっと「おいおい」って呆れちゃった。

 

主人公に言ってあげたいの。

 

専業主婦で、好きな男出来たからって、すぐに家を出る発言。

私はオススメ出来ないわー。

 

 

まあ、ドラマだからー。って言われたらそれまでだけど

世間知らずな人は結構多数いて、「昼顔」観て、影響されてほんとに不倫してドロドロになった主婦たち何人も見てるの。

 

ドラマの影響力って何気にスゴイ。

 

 

で、話戻すけど、

40代で働いたことがほとんどなくて、多分貯金も無くて(チャットレディとかやって親の借金返していたくらいだから無いと思うの)、きっとこれから職探しするだろうし、アパート探すだろう。

 

この人、ホントに大丈夫?って心配になっちゃうよ。

 

何かすごい資格持ってるとか経験があるならまだしも、専業主婦でずーっと来て、「家出ます?」はあ?ってなる。

 

私は、元夫のDVで逃げるように家は出たけど、家を出る計画は約半年前から進めていた。兼業主婦だったから働いていたし、貯金もアパート資金と当面の生活費があったから行動出来た。

 

 

主人公は、どうするつもりなの?

夫からお金貰うの?それとも相手の男?

 

甘い!

 

このドラマ観て、安易に家を出る専業主婦が増えませんように。

 

スポンサーリンク

 

うちって過保護なのかも?過保護のカホコを観て。多少ネタバレあり。

こんばんは、木ノ下コノキです。

 

過保護のカホコ」を観てて、「あれ?これってうち?」ってなったw

f:id:kinoshitakonoki:20170717174414j:plain

いや...あそこまで酷くはないが、

母親は心配性で、子どものことに過干渉で、父親は娘に甘い(笑)

 

 

普段、電車で通っていたが、雨や雪の日は学校まで送り迎えしてくれていたし、高校も専門の時もバイトは1週間くらいの短期バイトしかやったこと無かったから、お小遣い貰って、電車代もお昼代もすべて親が出してくれていた。

 

 

今思えば、最初の携帯も車も買ってくれたのは父親だ。

車は新車。しかも一括(笑)

免許取り立てのくせに新車買って貰って、周りが驚いていた。

 (2台目は自分で買ったけど)

 

高校のお弁当は私の好きなもの三昧だったし、メロンが大好物な私のお弁当にほぼ毎日メロンが入っていた。それを見た友達から「金持ちかよw」というツッコミが来てたっけw

 

専門卒業して就職して、家を出るまでそんなだったかも知れない。

たまに遅く帰ろうものなら親が色んな友達の家に電話掛けまくる、警察に相談する、は

まさにドラマと同じではないだろうか。

 

 

20歳で家を出て、去年帰って来るまでの間は離れて暮らして居たから、そこまでは過保護っぷりは発揮されてなかったかも知れないが、帰ってきて約1年、今も十分に過保護かも知れない。もう全然子どもでは無いが。

 

毎日毎日私に干渉しまくる。

「何をやってるの?」と毎日聞いてくるし、「趣味見つけないとね」と言ってくる。

もう十分に趣味三昧な生活なのだが、PCいじっている=仕事三昧なんだと思っている。

 

「買い物行くけど何か食べたい物ある?」と毎回聞いてくる。

あれが食べたいかな、これが食べたいかなと言うと全部買ってくる。これにはさすがに驚いた。

 

 

私は干渉が嫌で家を出たから、この干渉っぷりにはもうウンザリでストレスが溜まるが、そこを文句として伝えると母親は泣くから面倒くさい。

 

やっていることすべて喜んでくれると思っているところが、ドラマの母親と一緒。

それに甘えてずっと暮らして居る主人公には共感出来ないが、これからあの学生と関わっていくことでどう変わって行くのか、そこはものすごく気になるところだ。

 

 

過保護ってどこまでが過保護なのだろう。

可愛い可愛いって育てられることすべてでは無いはずだが、あのドラマが過保護としているところはウチも同じだ。

 

他の家はどうなのかと少し気になる。

 

スポンサーリンク

このタイミング、良すぎるのではないか?ドラマ「リバース」【感想・ネタバレ注意】

こんにちは、木ノ下コノキです。

 

昨夜、金曜ドラマ「リバース」を観ていて、「このタイミングでこれが来るか!」って驚いた話をします。

 

「リバース」とは?

金曜ドラマ『リバース』|TBSテレビ

 

 

ミステリー作家、湊かなえの同名小説が原作のサスペンス。

 

主人公、深瀬和久(藤原竜也)(32歳)は有名大学を卒業しながら、地味でつまらない毎日を送っていた。物語は彼の恋人、美穂子(戸田恵梨香)に「深瀬和久は人殺しだ」という告発文が届いたところから始まる。その時、深瀬はずっと心の奥底に隠していた親友の広沢由樹(小池徹平)の死と向き合う時が来たと直感する。

 


リバース (講談社文庫)

 

ネタバレ内容ですので、ドラマまだ観てないよって人は見ないほうが良いかもです。

 

 

6月9日放送の「リバース」で藤原竜也演じる深瀬和久が10年前の親友の死に大きく関わっている人物が自分であったことに気付くんですよ。

 

「僕の親友を殺したのは誰だ?」っていう疑問から、親友の死について調べていく深瀬っだったから、昨夜の回はかなり衝撃的だった。

 

 

それに「これは偶然なのか?」ってくらいに

 最近よく映画「22年目の告白」の告知で色んなメディアで取り上げられていますね。

 


22年目の告白-私が殺人犯です-

 もう私の脳内は「藤原竜也、何人人殺してんねん!」だったwww

 

 

物語も殺しが起きた時期も違うのに、勝手に脳内は混乱状態です。

 

 

 

「リバース」は来週最終回。

「深瀬のこれから」がものすごく気になる作品。

 

 

そして、「22年目の告白~私が殺人犯です~」が今一番観たい映画だ。

 

 

スポンサーリンク

 

他にもこんな記事書いています。 

www.kinoshitakonoki.com

 

「ウォーキング・デッド」のイケメンたち。

 

こんばんは、木ノ下コノキです。(2017年8月28更新)(2017.12.2更新)

 

前回の記事で、ホントは話題にしたかった「ウォーキング・デッド」。

 

でも広告と一緒に「特定の名前」載せちゃダメだって言うから...(´・ω・`)ショボン

 

あんなあからさま記事になってしまったのさw

 

f:id:kinoshitakonoki:20170524202841j:plain

コノキは現在シーズン4の11話までシーズン6の1話目までしか観ていませんが

 

ずーっとダリル(ノーマン・リーダス)のカッコよさぶりにメロメロです♡(これはずっと変わらず)

 

         f:id:kinoshitakonoki:20170524203454j:plain

この人だけは死なないで欲しい。

 

って、写真とか色々見ているとゾンビ姿があるからなってしまうのだろうけどね。

 

 

 

そしてリックの息子カール(チャンドラー・リグズ)の成長っぷりたらもうっ。

       f:id:kinoshitakonoki:20170524211315j:plain

この子が

 

     f:id:kinoshitakonoki:20170524211359j:plain

 こーんなにカッコよく成長!!ビックリしたわ。

シーズン7になったらどうなってるのか。今から楽しみだ。 

 

 

そして、グレン(スティーブン・ユアン)。

         f:id:kinoshitakonoki:20170828001558j:plain

グレンはもう、最初の方から出ていて、ものすっごい頼りない感じの青年だったのに、いつの間にか誰よりも冷静で頼れるお兄さんになっているのが、個人的にビックリです。

 

          f:id:kinoshitakonoki:20170828002636p:plain

そしてやっぱり、主人公リック(アンドリュー・リンカーン)。

個人的にはシーズン1のリックが好き。途中で精神の病にかかって、皆に迷惑掛けたり、自分本意な判断で皆に迷惑掛けたり、よく分からない正義感で色んな人殺して皆を怖がらせたり...色んなことで一番周りが気を使っていた人物じゃないのかな?

だけど、いつでも家族を想っての行動で、子どもたちにとって最高の父親じゃないのかな。もう少し落ち着いて行動して!と、ハラハラして見ています(笑)

 

また更新していきます。

 

では!

 

スポンサーリンク

 

 

他にもこんな記事書いています。