難病女子の心の裏側日記

心の裏側全部出します。難病と闘いながら人生を楽しむブログ。

心を気持ち良くしてくれる人がやっぱりモテると思うの。

ブログ村に参加しています。

よろしかったらポチッと応援よろしくお願いします(*´艸`*)

 ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 病気ブログ 難病(特定疾患)へにほんブログ村 病気ブログへにほんブログ村 恋愛ブログへにほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛体験談へ
にほんブログ村

 
こんにちは、木ノ下コノキです。

 

 

いきなり失礼なことをお聞きしますが、あなたはモテていますか?

 

 

モテてるよ!って言い切れる人ってそうそう居ないと思いますが、全く見当違いだったり勘違いをしている男の人(女の人も?)いるのが現状です。

 

 

勘違いのまま突っ走ると、必ず失敗します。

 

 

コノキの男友達にも「周りは皆俺が好き」と言ってる痛い人もいます。

 

勘違い、それは間違いって言っても聞く耳持ちません。

 

案の定、15年くらい彼女居ません。

(好きな人に「気持ち悪い」と言われ相手にもされていません)

 

そうならない為に、どうしたら良いのでしょうかね。

 

 

そもそもの意識を変えるしかないのかも知れません。

 

 

モテる人とモテない人ってここが違う

f:id:kinoshitakonoki:20171105084828j:plain

「デートっぽいことをサラッと出来るか出来ないか。」

 

 

デートっぽいこと。。。

・手をつなぐ

・頭ポンポン

 

これは王道ですが、意外とコレらは外れません。

 

女子はドキッとする回数が多いほど、相手を意識するのよね。

基本、女子はいつまでも心は少女だから。

 

 

少女漫画原作の映画やドラマがヒットするのはこの辺にもあると思うの。

いつでもキュンキュンしたいし、こんな人居たらいいなぁ、と夢を見る。

 

 

f:id:kinoshitakonoki:20171105064254j:plain

 

モテる人って、

コレをサラッとやってのけるのよ。

 

 

デートに誘うのもサラッとだし。

 

 

モテない人って、「手を繋ぎたい」「手を繋ぎたい」「手を繋ぎたい」って

 

手を繋ぎたい感が半端なく出てない?!

 

今日こそ手を繋いで見せるぞ的な?(笑)

 

 

そういうオーラって女子は気付いてるものなのよ。

そういうの感じ取っちゃうと、早く帰りたくなっちゃう。

 

 

相手の女子も同じテンションだったら、気付かないかも知れないし

それでも受け入れてくれるかも知れないけど...

 

 

デートに誘ってOKして貰ったら

まずは次に繋げるために何をするかを考えるんじゃなくて

 

 

まずは相手と話をすること。

そして聞いてあげること。

 

 

自分も力抜けて、相手も安心する雰囲気作りは大切だと思うのよね。

自分も相手も楽しめたら、また会いたいって気持ちも生まれるだろうしさ。

 

 

徐々に仲良くなることが一番大事。

 

 

二つ目の頭ポンポン。

これやっておけば、「落ちる」と勘違いしてる男性って意外と多いと思うの。

 

それなりに仲良くなってそれなりにドキっとさせてくれた人じゃないと

なかなか落ちないものよ。

 

特に何も思ってない相手にされても「気持ち悪い」だけ。

 

それをするなら、それまでの関係性が良くないと

「ドキっ」すらない

 

 

むやみに頭ポンポンはしないで!

でも、彼氏まであと一歩!くらいの関係性が出来上がってきたら

ドキッとする確率は高いのは確か。

 

中には「そもそも髪触られるの嫌い」女子も存在するから、見極めが肝心なんだけどね。

 

 

心を気持ち良くしてくれる人がやっぱりモテると思うの。のまとめ

f:id:kinoshitakonoki:20171129144234j:plain

今まで、次のデートに繋げることが出来なかった人

 

・ガツガツ感を出さない

・相手といっぱい話ししていっぱい話聞いてあげて

 

「この人と一緒に居たら楽しい」とか「また会いたい」って思われたら

 

きっと次に繋がると思う。

 

 

余談ですが

コノキがデートして「2回目はないな」って思った男性は

 

・ずっと自分の話をしてる

・「手を繋いでいいかな」とわざわざ聞いてくる(しかもガチガチに緊張して)

・ガツガツ感が半端ない

・デートOKして貰えたから付き合えると思っていた(帰りに告白された)

・断ったらキレた

 

余裕の無い男性は嫌われるのよ。

 

では、また!

 

 

スポンサーリンク

 

他にもこんな記事書いています。