難病女子の心の裏側日記

心の裏側全部出します。難病と闘いながら人生を楽しむブログ。

難病「高安動脈炎」に掛かってしまった私の話⑨「希望の光。」

ブログ村に参加しています。

よろしかったらポチッと応援よろしくお願いします(*´艸`*)

 ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 病気ブログ 難病(特定疾患)へにほんブログ村 病気ブログへにほんブログ村 恋愛ブログへにほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛体験談へ
にほんブログ村

 

こんにちは、木ノ下コノキです。

 

こちらの記事は「2018.01.05」にアメブロからお引っ越ししてきた記事となっています。当時の気持ちのまま保存したいと思い、追記以外文章はそのままとさせていただきます。無駄な改行が多く読みづらかったら申し訳ございません。

 

最初から読む場合はこちらから。

www.kinoshitakonoki.com

 「希望の光。」

f:id:kinoshitakonoki:20171128184310j:plain

(2017.04.28)

「恐怖。」からの続きです。

 

 

昨年11月中旬、

血管の炎症が少し落ち着いてきて

そろそろ治療を始められそうだ、と主治医から話があり、脳外科の医師との相談により、カテーテルの検査をすることになった。

 

 

この検査で治療の出来るところがあれば、バルーンやステント治療をしていくということで、これに懸けてみることにした。

 

 

11月末のカテーテルの検査により、

治療出来そうな場所が2箇所もあった。

 

 

希望の光が見えてきた。

 

 

12月初旬にカテーテルを使ったステント治療が行われた。

(今回は一箇所だけ)

 

 

寝た状態でないと意識朦朧になってしまっていたコノキが

この治療によって、大きく変わった。

 

 

 

寝たきりのままで退院かも...と絶望の中にいたのに

 

 

ステント治療をした次の日には立てたのだ。

 

 

 

長い時間起き上がっていても

クラクラしない。目眩もない。

 

 

感動だった。

 

 

 

その日のうちに尿の管も取れ、

自分でトイレに。

 

 

 

さらに次の日には廊下に出てリハビリ。

看護師さんに付き添われながら、廊下を歩いた。

 

 

 

食事もちゃんと取れていたので回復も早く、

点滴も1日も早く終了。

 

 

医師も看護師も驚いていた。

 

 

プレドニンが40mgになった頃、

退院に向けて自宅トレーニングをしましょう、の話が

主治医からあった。

 

 

2泊3日だけど久しぶりの実家。

 

 

特に問題なく、過ごせた。

 


きっと退院が近い。

 

 

そう感じた。

 

 続きです。

www.kinoshitakonoki.com

 

スポンサーリンク

 

 

他にもこんな記事書いています。

www.kinoshitakonoki.com