難病女子の心の裏側日記

心の裏側全部出します。難病と闘いながら人生を楽しむブログ。

「乳がん検診初潜入!胸触られまくってきたよ」な話。

ブログ村に参加しています。

よろしかったらポチッと応援よろしくお願いします(*´艸`*)

 ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 病気ブログ 難病(特定疾患)へにほんブログ村 病気ブログへにほんブログ村 恋愛ブログへにほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛体験談へ
にほんブログ村

 

こんばんは、木ノ下コノキです。

 

 

 昨日、こんな記事を書きました。

kinoshitakonoki.hatenablog.com

 

コノキはある失態を犯しました。

 

マンモグラフィ検査は40歳以上が対象となっています。(昨日の時点では知りませんでしたw)

 

さっき、友達に「乳がん検診終わったよー」とかいう話したら、「マンモ受けたの?40歳からだから私も受けたよー」との返し。

 

 

うぬぬ...私としたことが...

今まで、ぼんやりとしか自分の年齢を言って来なかった。オバサン年齢とかなんとか...。マンモの話題を出した時点で、コノキは40以上がバレバレ。

 

 

もうこの際言ってしまおうじゃないか...コノキは40歳です!そして今年の誕生日が来たら41歳です(・∀・)アハ

 

 

そして、このブログを最初の方から読んでいて覚えている人も居るかもしれないが、介護保険の話も書いています。介護保険の申請も40歳から受けられます。去年の誕生日過ぎに主治医から「ちょうど40だから介護保険受けられるね!」と喜ばれたのですが...手術したら歩けるようにはなったので申請はしないままでした。(このエピソードは抜いたけど、分かる人には分かってしまう内容)

 

前置き長くてすみません...。この失態にコノキは脱力して(自分に呆れて)います。

 

 

ここから本題に入ります。

 

まずは、乳がん検診はどんな流れでやっていくのか、一通り書いて行きますね。

 

■ 乳がん検診の流れ

f:id:kinoshitakonoki:20171009155027j:plain

1. 受診券(4月末郵送のハガキ)、健康保険証、婦人科検診記録票、健診料金(マンモ800円、視触診410円)を持参して受付します。

 

2. 受付が終わったら、問診を行います。今までに掛かった病気はないか、家族に乳がんになった人はいないか、など質問に答えていく形となります。

 

3. 問診が終わると、検査着に着替えて今度は視触診です。ここではベッドに横になり、医師が脇の下、乳房、乳首を触ったり押したりつまんだりします。

 

4. そこまでが終わると、今度はマンモグラフィ検査に向かいます。40代の方は2種類の角度を左右で撮るので、計4枚となり、50代以上の方は1種類なので計2枚の写真を撮ることになります。時間は10分ほどで終わります。

 

 

以上です。

 

こんな風に書くと、あっという間ですね。

 

 

そしてここから、コノキの個人的感想が始まります。

 

マンモグラフィよりも触診の方が痛かった!

f:id:kinoshitakonoki:20171017200422j:plain

マンモグラフィ検査の前に視触診が行われるのですが、男性医師で結構力が強い。

 

初めてだから、どの程度の強さでやるものなのか分からなかったのですが(基準も分からず...)、結構ガシガシと触るんですね(T_T)

 

脇の下から始まり(ここはすぐに終わる)、乳房全体をゴリゴリと押すように触診。最後に、乳首をもう引きちぎれんばかりに念入りにつまんで押す(つぶす?)...

 

 

これが、マジで痛かった!!!

 

 

散々ゴリゴリやられた後だったので、マンモグラフィ検査の女性医師が撮影の際に触る力なんか、全然へっちゃらでした。あ、もちろん、マンモの機械で潰す時も多少は痛いですが、我慢出来ない痛さではなかったです。

(勿論、担当する医師によって痛みは違うと思いますが)

 

 

痛くなる時って、肩に無理な力が入っていることにより痛みが出るっていうことで、案内の方が「あまり緊張しないでくださいね~。肩に力が入っていると痛みが出ますから、リラックスして下さ~い」とかなり柔らかい声で促しておりました。

 

その他にも、生理前10日くらいから胸が張っている場合は痛みが出やすいとのことです。予約する際に、少し日にちをずらして取ると良いのかも知れませんね。

 

マンモグラフィ検査を受けた後、ヒリヒリしたり赤くなってしまったりするそうなのですが、コノキの胸は見た目には何事もなく、無事でした。

 

 

けど、あれだけ触られたからか...

血行が良くなって、胸がぽかぽかと温かかったです(笑)

 

迎えに来た両親に「胸がアツイ!!」を連呼していましたからw

 

 

初めての乳がん検診、思ったよりも痛くなかったし流れは分かったから、次回は安心して出来そうです。今回は緊張し過ぎたせいか、脇汗が半端なく分泌(笑)ビショビショでゴメンナサイ、女性医師さん。

 

スポンサーリンク

 

この検診は無事終わったのですが...ひとつだけハプニング!

 

検査中に左見たり右見たり、数回首を動かすのですが...コノキは現在の病気のせいで、首が圧迫されたり、首を傾けたりすることで意識を失くしたりすることが過去に2回ありました。(レントゲン撮影時)そのことを途中で思い出したけど撮影中だったので、そのまま続行したら、目の前がチカチカしてフラフラし、倒れそうになってしまいました。

 

ここで倒れる訳にはいかなかったので、なんとかやり終え、撮影後少し休憩させて貰ってから帰ることになりました。健康な方なら、このまますぐに帰れるのに厄介です、この病気。そして、柔らかい声で案内して下さっていた方が、更衣室まで荷物を運んでくれ、駐車場にいた警備の人も皆で「ゆっくりでいいですよー」と声をかけてくれて、「周りの人の優しさ」に包まれながら、両親の迎えを待っていました。

 

 

マジで優しい皆。

 

 

という感じでした。

 

最後に

 

初めてだと、どんな事が行われるか分からなくてドキドキしちゃいますよね?

大体の流れが分かっていれば、緊張も半減すると思うんです。

 

 

今回、あえて乳がん検診の流れや感想などのブログを見ていかなかったんです。いつもは調べまくって、ある程度安心してから行くのに。ですが、今回、初潜入、初体験記事を書く予定だったから、ドキドキして行きたかったんですよね。

 

ドキドキがすごすぎて、本当に脇汗大変なことになっていましたけど(笑)

え?もう、いいって?......すみません。

 

 

 また、何か新しいことに挑戦する時には記事にしたいと思っています。

 

そしてそのドキドキを伝えられたらって思います。

 

それでは、またの日を ♪

 

スポンサーリンク

他にもこんな記事書いています。