難病女子の心の裏側日記

心の裏側全部出します。難病と闘いながら人生を楽しむブログ。

あなたのその記事著作権は大丈夫?「まとめ記事を書くと、喜ぶ人も居れば、困る人も居る」って話。

ブログ村に参加しています。

よろしかったらポチッと応援よろしくお願いします(*´艸`*)

 ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 病気ブログ 難病(特定疾患)へにほんブログ村 病気ブログへにほんブログ村 恋愛ブログへにほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛体験談へ
にほんブログ村

 

こんばんは、木ノ下コノキです。

 

 

今回は著作権のお話です。

コノキはよくYouTubeを見ていますし、「世にも奇妙な物語」や「ほんとにあった怖い話」が大好きで、まとめ記事も沢山書いてきました。

 

 

前に、著作権が気になって調べたら「YouTube動画をブログ記事で紹介するのは著作権に違反しない」と書かれているサイト記事を拝見し、それを真に受け、「大丈夫なんだ!」と思って今まで散々リンクを貼って来ました。

 

 

ですが、私の大好きな「東京ゲゲゲイ」さんが、YouTube内で自身のオリジナル以外の動画を著作権関係で消したそうで、改めて著作権のことが気になり調べてみました。

 

 

このことが気になった更なるキッカケとなったのが、少し前まで書き進めていた 「世にも奇妙な物語」のまとめ記事。「27年間のまとめ⑰」までで、71個の動画が削除されてしまいました。

 

 

好きな作品を沢山の人に見て貰いたい、まとめてあるページがあったら(自分だったら)嬉しいから、まとめ記事を作ったらどうかな?

 

 

...何ていう軽い考えでした。

 

 

もし、このブログでリンクを貼ったことがキッカケとなって、載せた動画が削除されてしまったとしたら、その方々にかなり迷惑が掛かったと思います。でもこれらは、調べてみると著作権を侵害していた動画だということが分かります。(だからと言って、消されて当然だ、とは思いません。)

 

目次

 

 

そもそも著作権て何なの?

f:id:kinoshitakonoki:20171109070852j:plain

こちらの画像はフリー素材屋「photo AC」さんのものです。

 

著作権とは、音楽、本、映画、絵、写真など作った本人に与えられた権利です。

作った本人でしたら、ブログに載せたり、動画にアップしたり自由に出来るのですが、本人以外の誰かがそれをやってしまうと著作権の侵害になってしまいます。

 

 

著作権の侵害は犯罪です。罰則は「10年以下の懲役もしくは1000万円以下の罰金、またはこれの併科」となっています。併科とは、懲役刑と罰金刑の両方が同時に科されるという意味です。

 

 

結構重い罰則ですね。

 

 

今まで、「好きなものを紹介したい」「誰かに知って貰いたい」という気持ちだけで載せてきたけれど、気軽にやってはいけないことだってことを改めて勉強になりました。

 

著作権のことで調べていくと、違法になるものと黙認されるものがあるそうなのです。

 

違法と黙認、その違いは?

f:id:kinoshitakonoki:20171109163002j:plain

こちらの画像はフリー素材屋「photo AC」さんのものです。

 

 基本的にはすべて違法なのですが、作者が特に気にしない場合、作者が不利益にならない場合は黙認されることが多いそうなのです。気づかれない場合は別です。

 

 

例えば、好きな漫画のキャラクターを自分で描いてブログに載せたとします。

 

これは、違法だと思いますか?合法だと思いますか?

 

 

はい、これは違法なのです。

 

そんなの誰もがやってるじゃん。って思う人もいると思うのです。コノキもそう思いました。コミケに行ってる人(参加者側)たちが皆(オリジナル以外)犯罪者になってしまいます(汗)

 

 

ですが、コミケや漫画キャラを描いてブログに載せる行為などはファンの集い的な扱いで黙認されています。同人誌は相変わらずグレーゾーン扱いですが、作者と同じコマ割り、構図など一緒だと判断されたものは著作権に問われます。

 

スポンサーリンク

 

そして、作者がプロだろうがアマだろうが著作権は発生しますので、コノキの変なイラストも何処かに転載されたら著作権で訴えることが出来ます。

f:id:kinoshitakonoki:20171030182829p:plain

だれも使わないってw

 

以前、書いた記事にこんなのがあるのですが、

このブログを書いた直後にご本人様からTwitterフォローをされた経験があるのです。

 

 

これは、「黙認された」になるんだと思うのです。

いくつか動画を紹介しているので、本当なら本人の許可を得て載せなくてはいけません。

 

 

他にもいくつか曲紹介の記事を書いているのですが、消したほうが良いのかどうなのか悩むところですが、ご本人様か契約会社の方から注意されたら速攻消すつもりでいます。

 

 

結局のところ、黙認されているけど、違法のものでネットの世界は埋もれています。

 

 

うっかりやっちゃっている違法行為

・好きな漫画やアニメのキャラクターの絵や漫画を描いてブログやサイトにアップする。

・ブログや掲示板に好きな曲の歌詞(その一部でも)を載せる。

・お気に入りのイラストや動画を皆に知って貰いたいからと、転載する。(コノキの場合これですね)

・ゲームの自分がプレイする動画を動画サイトに投稿する。

・アーティストの曲を自分で演奏した動画をブログでアップする。

 

ただし、YouTubeやニコニコ動画は、音楽著作権管理団体(JASRAC、イーライセンス、JRC)と契約しているため、「自分で演奏したものや打ち込みで作ったものであれば投稿してもよい」のだそうです。

 

 好きな歌手のCDの音をそのまま流すのはダメだけど、その曲を自分で演奏したり、歌ったものならOKってことです。

 

 

最初に書いた、

「YouTube動画をブログ記事で紹介するのは著作権に違反しない」と書かれているサイト記事を拝見し

についてですが、すべてが違法なら、この書かれていた方は嘘を書いていたってことになってしまいます。

 

しかし、あながち嘘でもないのですよね。

ただ、一部を書いただけで、言葉が足りなかっただけです。

 

本人が作ったものだったら、自分のブログで紹介しようがしまいが自由です。

他の人のでも、本人からOKが出ているなら、それはブログでの紹介は可能です。

 

でも、基本的には違法に当たるので、本人が作ったもの以外は使用しないのが無難ですね。

 

今回のこの記事のように、写真やイラストはフリー素材屋さんを使うと大変便利です。

 

コノキがよく利用しているフリー素材屋さんをいくつか紹介します。

 

 

一番よく利用しているのが「写真AC」さん。写真のテーマも量も本当にすごいです。絶対にお気に入りの写真が見つかるはずです。

www.photo-ac.com

 

 二番目に多いのが「ぱくたそ」さんです。怖い話系の写真はここが一番なんじゃないかと。よく利用させて頂いてます。

www.pakutaso.com

 

続いては「イラストAC」さん。写真ACさんと同じ系列です。可愛いイラストが本当に豊富で、これからの時期、クリスマスカードイラストや年賀状イラストにも便利です ♪

www.ac-illust.com

 

動画にもフリー動画屋さんが存在するみたいなので、こちらのサイト様を参考にしてみてください。動画もフリーが存在するのを調べて初めて知りました。

funtre.com

 

 「まとめ記事を書くと、喜ぶ人も居れば、困る人も居る」

記事タイトルのまんまですが、

まとめ記事は便利なもの...ですが、書いてる本人とそれを読んでいる読者様は楽しいし、嬉しい。けど、その制作に関わった沢山の人たちにとっては死活問題です。

 

それを作ることでお金を貰ってるんですものね。それを、知らない誰かが勝手に無料で公開してる。そうするとその商品は売れなくなります。

 

きっと知らないで動画をアップしている人もいると思うのです。そう、私みたいに。

 

分かってやってる人の方が多いかもしれないだろうし、こんな記事を書いても「みんなやってることだから」と知らん顔な人も居るかもしれない。こんな記事事態、無駄かも知れない。

 

けど、自分のことで置き換えたら、著作権を侵害していることを軽く見れなくなります。自分が頑張って作ったキャラクターが何処か知らないところで商品化されていたら?キャラクターに限らず、コノキで言うと、自分で作ったマフラーのデザインで商品化されて何処かで販売されていたらビックリです。しかも、それらが商品化した後に自分が商品化したら、まるで自分が著作権の侵害をしたような形になります...。悲しいですよね。

  

最後に

今回、著作権について考えさせられて、まだ途中だった「世にも奇妙な物語 27年間のまとめ」シリーズは公開するのをやめました。⑰までお付き合い下さった皆さま、ありがとうございます。と同時に途中でやめてしまう形となってしまい、申し訳ありませんでした。

 

そして、「ほんとにあった怖い話」の動画まとめ記事も公開をやめました。こちらでも同様に削除されている動画もありました。

 

フジテレビの方、制作に関わった方々、YouTubeに動画をアップしていた皆さま、ご迷惑お掛け致しました。

 

 

今回の記事を書くに当たって参考にしたサイト様です。さらに詳しい情報はこちらのサイト様をご利用ください。

chosakuken-kouza.com

 

スポンサーリンク

 

他にもこんな記事書いています。

www.kinoshitakonoki.com