難病女子の心の裏側日記

難病女子の心の裏側をたれ流すブログ。

「大食いってどのくらい食べたら大食いなのか」な話。

 

こんばんは、木ノ下コノキ(@kinoshitakonoki)です。

 

 

食べることが本当に大好きなコノキですが、病気のこともあって大量に食事を取るのをやめています。しかし、そうなる前は、周囲からかなり驚かれる量を食べていました。

 

 

以前のコノキの食生活(とある休日の食事)

f:id:kinoshitakonoki:20170930220140j:plain

午前7時半に朝ごはん(食パン2枚とヨーグルトとコーヒー)

 

午前10時半に小腹が空いたので軽食(サブウェイの「えびアボカドのレギュラーサイズ」とコーヒー)

 

午後0時からバーベキューでお肉、焼きそば、お好み焼き、ウインナー等ガッツリ系を食べまくり、残飯処理も任される

 

午後4時、帰る途中に小腹が空いたので海鮮丼大盛りをペロリと平らげ

 

午後6時、パンケーキ(結構な量)を食べて

 

午前0時、小腹空いたけど、流石に夜中だから諦めて寝た

 

ある休みの日の一日。

 

2~3時間でお腹が空くから、その都度食べる。

 

 

今思えば、これは確実に食べ過ぎである。

 

大食いの人は大食いの自覚がない

 

コノキの友人はみんな食べる人です。

 

自分よりもずっと食べる人が多かったこともあって、自分が「大食いという自覚」がありませんでした。

 

だけど近年、大勢での食事会やバーベーキューなどに参加する機会が増えたことで、「すごく食べるね」「その体の何処に入って行くの?」と言われる機会が多くなり

 

初めて自分は「大食いなんだ...」という自覚を持ちました。さらに、「今度、大食い選手権みたいの開催するんだけど参加しない?」と誘われる程に(笑)

 

 

 今思えば、めちゃくちゃ体に悪そうな食事の仕方しているけど、今まで健康診断に引っかかったことはない。

 

でも本当に体に悪影響はないの?と思って調べてみると

www.health.ne.jp

こちらのサイトで、専門医師が答えておりました。

 

食物を消化吸収するために大量の活性酸素が発生することから、糖尿病等の生活習慣病や、細胞が傷つくことでガン細胞が発生しやすくなることなどが予想されます。

 

少なからず、体に悪影響はあるようですね。

 

 

大食いはどこまでが大食いなのか問題

 

大食いはギャル曽根並みに食べる人なのか、コノキくらいでも大食いなのか...。

 

この問題は調べても出てきませんでした。

 

というのも、「大食い」とはその人の感覚でしかないからである。

 

自分よりはるかに食べる人を見たら大食いだし、逆に少ない人を見たら小食になる。

 

どっちにしろ、胃に負担をかけるくらいの食べ過ぎはやめましょう。

 

 

 

では!

 

ブログ村に参加しています。

よろしかったらポチッと応援よろしくお願いします(*´艸`*)

 ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 病気ブログ 難病(特定疾患)へにほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

 

他にもこんな記事書いています。

 

 ホーム   お問合わせ   プライバシーポリシー   サイトマップ