難病女子の心の裏側日記

心の裏側全部出します。難病と闘いながら人生を楽しむブログ。

もしもアフィリエイトから「申込が入りました!」の通知と心のもやもやが消えた話。

ブログ村に参加しています。

よろしかったらポチッと応援よろしくお願いします(*´艸`*)

 ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 病気ブログ 難病(特定疾患)へにほんブログ村 病気ブログへにほんブログ村 恋愛ブログへにほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛体験談へ
にほんブログ村

 

こんにちは、木ノ下コノキ(@kinoshitakonoki)です。

 

お久しぶりです。

3日前から風邪引いて寝込んでいました。

 

他の病院は分かりませんが、私の入院する病院では37.5℃以上の熱がある場合、手術が出来ません。

 

未だに咳は少し出ますが、入院前にはどうにかなりそうです。

 

さて、そんな感じで寝込んでいたコノキに嬉しいお知らせが来ました。

 

 

もしもアフィリエイトさんからのメール開いたら

申込が入りました!の文字が!!

f:id:kinoshitakonoki:20171216105840j:plain

この「もしもアフィリエイト」さんを利用し始めて18日、広告を貼ったのが3記事。

 

 

このたった3記事の中から申し込みが発生したようです。

 

 

この3記事はここ最近の中でかなり読まれている記事でもあり、広告クリックもいつも以上だったので、納得の結果でもあります。

 

 

ちなみに先日の記事で

もしもアフィリエイトでもAmazonと提携が可能とお伝えしましたが、そのAmazonさんから発生したそうです。(上記の記事はもしもアフィリエイトをもう少し色々いじってから詳しく記事しますね)

 

 

実は今まで、記事に貼る広告について悩んでおりました。

 

なんとなく貼り付けていたものばかりで、本当にそれを良いと思って貼り付けているのかどうなのか...今までの記事の中からも勿論申込もありましたしクリックもありましたが、ずっともやもやしていました。

 

 

しかし、今回の3記事達の結果で自分の中でそのもやもやがなくなりました。

 

 

この商品をオススメしたい!と思っても、いかにも商品のオススメ点ばかりを全面に出しすぎて記事全体が広告になってしまっているような記事じゃ誰も読んでくれない上、逆に不信感を抱いてしまう。

 

だけど、「ペタリと貼り付けただけ」の広告じゃ、この広告を貼り付けてる意味は?な状態になる。実際使ってみてどうか...「実際に使ってこれは良い!!」と思っていても、見ている人には伝わらない。

 

だったら、話の中に一緒に盛り込んでみるのが一番の方法なのかもしれない。

 

今回、記事を書く際にそれを気にして書いたかと言われればそうではない。「こういう場面にはこういうのを使うと本当に良いよ!」という思いで商品検索しながら載せただけだった。

 

もしもアフィリエイトのAmazonや楽天の提携画面から「商品リンク」というものがある。(もしもに限らず、他のにもありますが)これをうまく使って、紹介していくやり方。

 

もちろん、このやり方が必ずしも成果を上げるのに良い手法とは言えませんが、私にはこのやり方が合っていたのかなーと思います。

 

それをこれからも実践するには、ちゃんと最後まで読んで貰える記事を書くことが求められるとは思いますが、色んなことを取り入れつつ、自分らしい記事作りをしたいなって。

 

 入院の2記事はかなり楽しんで書かせて頂きました。そして沢山の方に読んで頂いた記事です。Twitterでもリツイートされた記事です。嬉しいです!ありがとうございます!!

もうね、自分が全面に出まくってる記事だと思うんです。

 

これは実体験がない限り書けない記事ですからね(笑)

 

 

でも、そういうことなんだと思います。

 

 

恋愛や結婚、離婚の話の時もそうでしたが、この時のPV半端なかったですもん。

 

実体験に勝るものはないですよね。

 

www.kinoshitakonoki.com

 

自分が作り出した変な沼にはまってなかなか抜け出せてなかったコノキですが、このもしもアフィリエイトの成果の連絡が色んな事に気付けるキッカケとなったようです。

 

さて、色々気分も晴れたコノキですが、これから入院準備最終チェックに入ります。

 

いつもチェックシートを作り、忘れ物がないようにします。

 

 

もっともっと入院について書きたいことがあったのですが、とりあえず退院してから書いていきます。

 

 

明日は入院前日のため記事は書けないと思いますので、次の記事更新は退院後になると思います。

 

では、また!

 

スポンサーリンク

 

他にもこんな記事書いています。

www.kinoshitakonoki.com