難病女子の心の裏側日記

難病女子の心の裏側をたれ流すブログ。

ちょいとSNSでの出会いについて話をしますか。

ブログ村に参加しています。

よろしかったらポチッと応援よろしくお願いします(*´艸`*)

 ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 病気ブログ 難病(特定疾患)へにほんブログ村 病気ブログへにほんブログ村 恋愛ブログへにほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛体験談へ
にほんブログ村

 

こんにちは、木ノ下コノキ(@kinoshitakonoki)です。

 

 

最近はSNSの種類も増加し、誰かと繋がることも容易となってきました。友達を増やしたい、いいねやコメントし合える友達が欲しい人や、出会い系サイトなどを使わなくても簡単に異性と友達になることも可能なので、SNSをそういう出会いに使っている人も多数いると思います。

 

 

ただ、そういったSNSは匿名な場合が多いので、異性と簡単に会ってしまうと何かの犯罪に巻き込まれたり、危険が及ぶことも考えた上、慎重に行うことが必須となってしまいます。

 

 

とか言って、真面目に書いてきましたが、

コノキは今までの彼氏の半分くらいはSNSから出会った人でした。

 

 

そして、一度犯罪にも巻き込まれました(汗)

このブログにもその話書いていますが、敢えてここに貼らないでおきます。

 

 

今の彼氏も元はSNSが出会いです

f:id:kinoshitakonoki:20180419165933j:plain

さてさて、もうお気づきの方もいると思いますが、今日は彼氏との出会いの話をしようかと思います(笑)

 

恥ずかしいので、敢えて記事タイトルにその要素を入れませんでした。

 

本気でSNSの出会いについて調べてる方でしたら引き返していただいても良いですし、最後まで読んだ上で、苦情なども受け付けしております。

 

 

 では、本題へ。

 

目次

 

出会ったのはもう5~6年前

当時コノキは某SNSで女性専用のコミュニティサークルを立ち上げたり、他のサークルに参加(ここは男女の出会いは禁止、友達を作るのが目的)したりと、沢山の出会いがありました。

 

私は栃木県に住んでいますが、県内に限らず、県外(東京、埼玉、茨城)のオフ会にも参加していました。ちなみに当時のコノキは主婦ですので男女の出会いは求めず、純粋にSNS内で仲良かった友達に会いに行くといった感じでオフ会に参加していました。

 

「変な人だな」が第一印象

彼氏は、県外のある会場である意味目立つ存在でした。

 

かなりの挙動不審で、一人目立っておりました(笑)

 

入り口付近ででうろうろ、中に入ってもうろうろ。

誰も声かけず(怖くて近寄れない)...

 

 

けど、同じテーブルだったこともあって話をしてみると意外と趣味が合って、面白い人だなと思った。そして笑顔が絶妙に可愛い。癒し系だなと思った。

 

後から聞いたが、挙動不審は「緊張からよるもの」らしく、今回が初めての参加でどうしたらよいのか分からなかったと。

 

その後、そのオフ会も順調に進んで行き、同じテーブルの人で連絡先を交換してその日は帰りました。しかし「とりあえず連絡先交換しよう」って交換して、仲良くなって連絡取り続けた人は彼一人でした。

 

 

 二回目に会ったのは離婚してからだった

 メールはたまにしてたけど、自分の離婚でゴタゴタが続いてたこともあって、その辺りから彼とはしばらく連絡も取っていなかった。色んな事が落ち着いたころ、どこかで見てたかのようなタイミングで彼からメールが来た。

 

離婚したんだよねーの話から、「今度ご飯行こうか」の話があったのでOKした。お互い二人で会うのは初めてだし、実際会うの二回目なくせに意外と長年の友達であるかのようで、居心地が良かった。

 

 

その後もたまに連絡する程度の友達関係が続いた。

 

 

そして一昨年、今の病気になって入院した時、お見舞いに来てくれた。久しぶりの再会だ。この病気になったことで離れていく友人も多い中、彼は友達を辞めなかった。【日記】14年間彼女いなかった友だちがいつの間にか青春していた話。 - 難病女子の心の裏側日記の記事の彼同様に病状を気にしてくれていたと思う。

 

 

退院後またしばらく会わない日が続いたが、今年の3月頃からコノキの体調が安定してきたこともあって、こっちから連絡してご飯に行ったことが付き合うきっかけとなった。

 

 

久しぶりに会った彼は男らしくなっていた

最初の頃にも書いたが、彼は笑顔の可愛い、癒し系の男子でした。

 

久しぶりに会った彼は、可愛い笑顔は健在だったが、元々細身だった体に筋肉が付いて男らしい雰囲気になっていた。転職をして力仕事になったからだと本人は言っていた。

 

コノキは会った瞬間からときめいていました(笑)

 

ギャップ萌えってやつですね。

 

 

ご飯行ったレストランの隣に漫喫があったので、ご飯の後、漫画を読みに二人で入りました。コノキがあまり歩けないので、ここでのんびりしようって彼なりの配慮?かと思っていましたがそうでもなかったようです(笑)

 

二人の空間

ファミリーで入れるタイプの部屋だったので、ある意味、部屋に二人きりのような空間が出来上がりました。

 

 

 初めは普通に漫画を読んでいたのが、「隣に座っていい?」と近付いてきて、ドキドキした。その後、頭撫でてきたり、手つないできたり、とスキンシップも増えていき...

 

 

あ、キスされる

 

 

と思ったけど、拒否する理由もなかったので、そのままキスをした。

 

 

と思ったら、すぐに離れて「ごめん、怒った??」と謝ってきたので「○○なら嫌じゃないよ」と言ったら、「キスまでするつもりじゃなかったんだけど、しちゃった」と申し訳なさそうにするので、こっちからもキスした(恥ずかしい)ら、可愛い笑顔を向けてくるのでキュンとしてしまった。

 

 

付き合う前にしてしまったと思っていたら、その時読んでいた記事の関連記事にイシイドマキ(id:comotenasi)さんの次の記事が目に留まりました。

comotenasi.hatenablog.jp

 

そこでイシイドから殿方さまへのご提案。

 

とりあえず、キスしてみろ。

 

(中略)

 

そして、イシイドからお嬢様へのご提案。

 

断れ。

 

 マキさんの殿方さまとお嬢様へのご提案を読んで、うおおおお!しちまったーーーー、これで付き合うとか出来なかったら、若干後悔するかも...と思っていたのですが

 

 

その後すぐに会おうって話があったので、【恋バナ+闘病日記】コノキの世界の春も桜が咲きました。 - 難病女子の心の裏側日記でも書いたように初デートをしてきました( *´艸`)

 

最初にこんなことをしておきながら、会ったらやたら意識しまくってまともに顔見れなかったり、ずっとドキドキが止まらなかった。

 

 

ここで付き合うことになったので、まだ交際期間2週間ちょっと。

 

 

SNSで知り合うのも悪いことばかりでもない

 

SNSを通じて知り合うと、知り合うのも簡単だが気に入らないと切るのも簡単。だから、何かあってもブロックしてしまえば終わりってこともよくあること。(えっちしたら連絡取れなくなったってのはよく聞く話よね)

 

 

けど、彼はちゃんと考えててくれた。

 

「大切にする」と言ってくれた時は、泣きそうになるほど嬉しかった。

 

 

病気のことを一緒に考えてくれて、いつでも強い味方だ。

 

 

私の記憶から自分が居なくならないようにって毎日連絡をくれる。

 

 

 

 それはとても嬉しくて、ずっと無くならないでほしい。

 

 

県外だから、何かあってもすぐに駆け付けられないだろうけど、気持ちだけはすごく近くにいるような気がする。

 

 

最後にこの曲を。

www.youtube.com

 

 彼氏に「私の気持ち」って贈った動画。

 

井上苑子「だいすき。」

 

 

まとめ

  • SNSの出会いは悪いことばかりではない
  • ギャップ萌え最強
  • 彼氏はいつでも自分の味方
  • 大好きな人には大好きを贈ろう

 

恥ずかしいくらいに書きまくった結果、彼氏に会いたくなった(笑)

 

 

これをアップしたらもっと恥ずかしい気がするから、コノキは去るわ。

 

 

では、また!

 

 

スポンサーリンク

 

他にもこんな記事書いています。

www.kinoshitakonoki.com

www.kinoshitakonoki.com

www.kinoshitakonoki.com

 

 ホーム   お問合わせ   プライバシーポリシー   サイトマップ