難病女子の心の裏側日記

難病と闘いつつ、好きなことを楽しむブログです☆

家に引きこもったらただの人だ、引きこもれる何かがあるのはすごいこと

 

こんにちは、木ノ下コノキ(@kinoshitakonoki)です。

 

 

 昨日の闘病日記にこの話も載せようと思ってたけど、闘病日記が思いの外長くなってしまったので、別の記事といたしました。

www.kinoshitakonoki.com

 

さて、今日は 「家に引きこもったらただの人だ、引きこもれる何かがあるのはすごいこと」と言われた話をお送りします。

 

 

家に引きこもったらただの人だ、引きこもれる何かがあるのはすごいこと

f:id:kinoshitakonoki:20190724144629j:plain

 

いつもの通院、いつもは現在の病状の説明をして多少の雑談をして採血のデータだけ貰って帰るのだけど、この日は「最近自分はこんなことやってるよ、仕事としてこんなこと始めてるよ」な内容の話をしてきました。

 

 

デザインや制作がメインなのでその話をすると、主治医がひとこと。

 

「家に引きこもってやれる専門性のあることがあるのは凄いことだね」

「俺なんか引きこもらなくちゃならなくなったら、ただのなにも出来ない人だよ」

 

という言葉を頂きました。(ひとこと、と言いながら長いのでタイトルは要約して短くしました)

 

 

あ、すごいことなんだ...

 

嬉しくなりました。

 

 

たしかに自分にデザインすることや絵を描くことや手芸など、できることが何もなかったら何をしたらいいのか分からなくてそれこそ路頭に迷う。

 

売れっ子の道にはまだかすりもしてないけど、多少なりともそれで収入があるのはたしかだから、その才能が少しでもあるならば頑張りたい。

 

 

勉強

 

実は先日、人気ハンドメイド作家になりたい人が読む本自分のブランドを立ち上げる! ハンドメイド作家 売れっ子になる法則という本を図書館で借りてきました。

人気ハンドメイド作家になりたい人が読む本

人気ハンドメイド作家になりたい人が読む本

 
自分のブランドを立ち上げる! ハンドメイド作家 売れっ子になる法則

自分のブランドを立ち上げる! ハンドメイド作家 売れっ子になる法則

 

 最初に読み始めたのは、自分のブランドを立ち上げる! ハンドメイド作家 売れっ子になる法則

 

これからハンドメイド作家になりたいと思ってる人、趣味のハンドメイドでちょっとお小遣い稼ぎをしたい人、お店が軌道に乗ってきたから次の展開をしていきたいと思ってる人など、ハンドメイド作品が好きで作って販売するすべての人に読んで貰いたいと謳ってるハンドメイド作家で今はハンドメイドスクール講師の沼里良枝さん監修の本。

 

いやあ、これマジで神本。

 

わたし買うわ。

図書館で借りた勉強系の本で一番かもしれない。先々週に借りた別の本も最高な本だったけど、これは神レベル。

 

わたしが何にも知らないだけだったのだろうけど、色んなことにうなずいてばかり。

 

販売するための写真や商品説明文やカテゴリー分けなど、ショップページのことは結構書かれてる本は多かったりするのだけど、一個あたりの材料費の計算の仕方とか経費関連、開業してからすぐにすること、自分ブランドの宣伝に必要なこと、迷わない値段の付け方、委託をする場合の気を付ける点などなどなどなど...あらゆる疑問がすべてこの本一冊で解決できる。

 

 

わたしやってないこと沢山すぎる...

 

やらなきゃならないことホント多い。

 

 

人気ハンドメイド作家になりたい人が読む本は、先ほどの本とは書いてある内容は同じようなのだけど、本の最初の48ページ分に売れっ子作家になった作家さんの成功例が写真付きでたっぷりと紹介されてある。

 

こんな風になるには、こうした方が良いよ、というような内容が次のページから綴られている。

 

わたしは最初に読んだ自分のブランドを立ち上げる! ハンドメイド作家 売れっ子になる法則の方が読みやすくて、文章と文章の間に漫画をうまく使ったその本が分かり易くて良かった。

 

前回に借りた、 ホームページで売上があがる会社、あがらない会社、何が違うかという本で勉強したことと、今回のハンドメイド作家本を参考にしつつ、自分は次の段階に進まなければならない。

 

と書きつつ、「しなければならない」という言葉が追い詰められるから苦手なんだよなと思う

 

 

仕事の依頼?

そういえばですね、

Twitterからメッセージリクエストが来ていたので開いたら「アイコン描いてください」だったので、仕事の依頼か?と思って「ご依頼ですか?有償ですがよろしいですか?」と送ったあとにプロフィールを見に行ったら中学生でした(いつもならプロフィール覗いてから返信する)。

 

これは、絶対「タダ」で描いてくださいってタイプの人だろうと思って、それでも何か言ってくるかな(返信あるかな?)と思って待ってみたけど、返信がなかったのでそのままスルーでいいやとそのままにしていたのですが、

 

しばらくしてから見たら「フォロー」されていました。

 

 

フォローするなら、DMの返信してくれ。

その子(中学生)のツイートにも私のところに送った内容が書かれていたから、わたしに頼みたいってよりは「だれか」に無償でお願いしたいってことなんだろうなと思った。

 

こちとら、友達でもなんでもない人に無償で受ける気もそんな暇もないので、やりませんけどね。

 

 

 

 頑張ってることはまだ先が見えません

www.kinoshitakonoki.com

www.kinoshitakonoki.com

 

 

 

読者登録励みになります。

 

ブログ村に参加しています。

よろしかったらポチッと応援よろしくお願いします(*´艸`*)

 ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 病気ブログ 難病(特定疾患)へにほんブログ村 病気ブログ 高安動脈炎へにほんブログ村 その他日記ブログへ にほんブログ村 その他日記ブログ 心の声へ
にほんブログ村

 

スポンサーリンク

 

 

セキュリティ対策不要!今すぐ始める、はてなブログPro

Copyright © 2017-2019 木ノ下コノキ All Rights Reserved.