難病女子の心の裏側日記

難病と闘いつつ、好きなことを楽しむブログです☆

【日記】掃除は好きだけど片付けが苦手なわたしの話。

 

こんにちは、木ノ下コノキ(@kinoshitakonoki)です。

 

 

退院して一週間とちょっとが経ちました。

退院してすぐに【闘病日記】(61)(2020.05.05)早まった入院と治療、退院してからのこれからのこと。を書き、人生手芸に捧ぐ決心をしたけどその前にやりたいことがあった。

 

「片付け」

散らばっているものをきちんとした状態にすること。また、ごたごたしている物事を整理すること。「部屋の片付けをする」

片付け(かたづけ)の意味 - goo国語辞書

 

「整理整頓」

 整理=「減らすこと」、整頓=「配置すること」

整理整頓とは 基本編|オフィスで役立つ整理整頓術|日立ソリューションズ

 

わたしはこの二つが子供のころから苦手である。

 

学校や会社などで「配置がすでに決まってて使ったら戻す」ことはできるけど、自分の部屋のものを整理してものの配置することは苦手なのである。

 

というか、まず物が多い。

捨てられない性格な上、「これ要る?」と言われたら「とりあえず」貰い、自分の物じゃないものまで自分で抱え込む。

 

ここ最近も兄が要らないもの、母が要らないものを譲り受けたばかりだ。

 

そんな暮らしを変えたくて2010年頃から、当時流行っていた「断捨離 /やましたひでこ(著者) 」や「 人生がときめく片づけの魔法 /近藤麻理恵【著】 」の本を読んで、全く違う片付け法の本だったけど、どちらも感銘を受けそれらを実践した。

 

まずはこんまり流の「ときめくときめかないか」で洋服や雑貨類を捨て、ずっと雁字搦め(がんじがらめ)になっていた気持ちの問題を断捨離で解き放ち(物を捨てるだけじゃなくてイヤな気持ちもすっ飛ばす断捨離)、一時期はとても健やかに生活もできてた気はするけど

 

もとの性格は変わるはずもなく、それでも定期的に意識してやってきたつもりだがたぶん今までの中途半端に実践してきた「片付け」が今になって大爆発したような気持ちになった。

 

意味わからんと思うのでひと言でいうと、

今までの色んな鬱憤が溜まりにたまったこの部屋から抜け出したくなった(捨てたくなった)ってことです。

 

もちろん好きなものもあるし、ずっとそばに置いておきたいものもある。

 

だけど、思い出の品って今もその人と付き合い(友人でも彼氏でも)あるならまだしも、あの人たちとの付き合いがもう一切ないのにモノだけが残ってるののすべてを消したくなって

 

今まで、謎に場所取っていたその思い出の品たちをすべて捨てることにした。

 

必要なものだけ、自分にとっての癒しの品物のみにしたらきっと楽しい。

 

そう考えたら、先週の土曜日(9日)に行動していた。

 

 

ちなみに考えたら、わたしは整頓は好きなのかもしれないとこのたった4日しか経ってないけど、ふと思った。ただ、物が多くて入りきらなかった物たちの場所を作ってあげられなかっただけで、本棚に並べる本の高さだとか、リビングの物の乱雑を直すのはわたしだったりするし...。

 

f:id:kinoshitakonoki:20200513120629p:plain

(久しぶりにはてなの「絵を描く」機能使ったがマウスで描くの難しいな)

 

断捨離途中の今の部屋の状態は、見ているだけで気分が悪くなるので早めにどうにかしたいところ。

 

(さすがに4日連続で進めたら体中が痛い、ダルイで疲れ切ってるので今日はお休み)

 

写真は載せたくはないけど、現在洋服は終了。バッグやアクセサリーなども終了。

なぜ取っておいた??ってくらいの10年以上前のアパートの契約書とか領収書とか「もういらんだろ」と半ば呆れながら捨てまくった。

 

書類関係は多いね。

 

必要か分からないけど取っておくものと、もう絶対に要らない案内の用紙や割引券等はすぐにゴミ袋へ。離婚証明書とかもまだ残ってる(離婚すると市役所から送られてくるんだぜすごいだろw)

 

 

いらないもの必要ないものをある程度まで減らせることができた今、今までぎゅうぎゅうだった棚の中や棚にすら置けなかった平置きしていた物たちを捨てたり収納することができてウォークインクローゼットはほぼ完ぺきに片付けが終了した。

 

部屋に出した書類やこまごました物たちが「ほんとアホか」ってほどに乱雑している。

 

物が多い=ホコリも溜まりやすい。

 

わたしは昔からこうだったので、物をどかして(移動させて)掃除して、もとの場所に戻していた。ここで整理して収納できたならよかったのにと今は思うが本当にそこは苦手で(というか考えもしなかった)あったところに戻すだけの毎日になっていった。

 

ホコリアレルギーで掃除だけは昔からしてるわたしだけど、物を減らしたらもっと掃除も楽だろうなと考える。

 

もうだいぶ大人で、きっとあっという間に年寄りと言われる年齢になってしまうだろうし、この病気の進行具合によって掃除すらできなくなる可能性を考えたらやるなら今しかない。

 

物が少なければ、万が一寝たきりになって家族に掃除してもらうことになっても、少しは家族も楽かなと思うのです。

 

掃除好きな話はわたしのプロフィール に少し載せています。

 

仕事では調理も楽しかったが、後片付けの時間も好きだった。

油が飛び散ったステンレスの汚れを、光るほど磨く。次の日に備えての掃除。最後の調理場の床に水をザパーっと流す気持ちよさ(分かる人いる?(*´ω`*))

 

はー、すっきり

 

の瞬間がたまらなく好き。

プロフィール - 難病女子の心の裏側日記

 今でも好き。

 

キッチンの掃除とか洗面所とか楽しくて仕方ない。

 

床の雑巾がけも好きだから、これが昨日物が無くなった部分をガッツリ拭き上げたら気持ちがスッキリした。

 

その調子だ。

 

まだ半分散らかってるところ残ってるけど、少しずつ少しずつ進めたらキレイになっていく。

 

 要らないもの必要のないもの捨て、整理が完了したら

これらをうまく整頓していこう。

 

まだまだ時間はある。

 

おうち時間、今こそうまく使うときじゃない?(*´ω`)

 

 お題「#おうち時間

 

 最近の日記

www.kinoshitakonoki.com

www.kinoshitakonoki.com

 

読者登録励みになります。

 

ブログ村に参加しています。

よろしかったらポチッと応援よろしくお願いします(*´艸`*)

 ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 病気ブログ 難病(特定疾患)へにほんブログ村 病気ブログ 高安動脈炎へにほんブログ村 その他日記ブログへ にほんブログ村 その他日記ブログ 心の声へ
にほんブログ村

 

トップページに戻る

www.kinoshitakonoki.com

スポンサーリンク

セキュリティ対策不要!今すぐ始める、はてなブログPro

Copyright © 2017-2020 木ノ下コノキ All Rights Reserved.