難病女子の心の裏側日記

難病と闘いつつ、好きなことを楽しむブログです☆

お寿司について語ったら止まらない。勝手に好きな寿司ネタランキングを作る。

 

こんにちは、木ノ下コノキ(@kinoshitakonoki)です。

 

 

今週のお題「寿司」ってことで、ほんとは違う話題でブログ書きに来たのですが、急遽お寿司の話題に変更します。

 

 

実は少し前のTwitterのスペースでも話した話題なんですけど、リスナーさんからの「好きなお寿司なんですか」の質問に1~3位までの好きなお寿司を答えたんですけど、もっとお寿司の話したい~と思ってたところのこのお題を見つけてしまったら参加しない理由がない。

 

てなことで、今日は個人的好きな回転寿司の個人的に好きなお寿司ランキングを作ります!

スペースについての記事もあるよ

www.kinoshitakonoki.com

 

お寿司について語ったら止まらない。勝手に好きなネタランキングを作る

 

お寿司美味しいですよね。

わたしの住む栃木県はお寿司を食べるランキングで1位なんですよ。知っていましたか?意外ですよねえ。

 

前にちらっとニュースかなにかで見たんですけど、気になったので調べてみたら日本一お寿司を食べまくる意外な街の名前 | テレビ | 東洋経済オンラインで1位は宇都宮市と出ていました。

 

宇都宮といえば餃子くらいしか出て来ないって人もいるとは思うのですが、まさかの海なし県の栃木県(宇都宮)が第1位とは...

 

たしかにお寿司屋さんが多い。回らないお寿司も回るお寿司もやたらと多い宇都宮市内。

 

先ほどの日本一お寿司を食べまくる意外な街の名前 | テレビ | 東洋経済オンラインでも餃子屋さんとお寿司屋さんの数の比較書いていましたけど、お寿司屋さんの方が圧倒的に多いことが分かっています。

 

ちなみにわたしがよく行くインターパークの通り沿いにもやたらとお寿司屋さんがあります。(この範囲だけで回転寿司が4店)

f:id:kinoshitakonoki:20210716105211j:plain

いつもこの通りのお寿司屋さんはどこも駐車場がいっぱいで人もいっぱいです。コロナ時期になってから怖くて店内には入れてないですが(テイクアウトで利用)。

テイクアウトも充実!元気寿司株式会社

 

前置きが長すぎてつまらないと思いますので、そろそろ勝手に好きなお寿司ランキングいっちゃうよ!

 

個人的に好きなお寿司屋さんは、「魚べい」

www.genkisushi.co.jp

回転寿司なのに回らないことで有名なお店ですよね。

20都道府県に展開しています。本社はあの「元気寿司」。元気寿司はほかに「千両」という少し高級志向の回転寿司も展開しています。

 

「魚べい」の好きなお寿司ランキング!!

第10位  びん長まぐろ

f:id:kinoshitakonoki:20210716115317j:plain

写真は魚べいメニューのご案内から引用しています。

滅多に食べないんですけど、まぐろ赤身をおさえてわたしはびん長まぐろを入れました。わたしの舌がバカでなければ、赤身よりもさっぱりとした印象なのが10位に食い込ませた理由です。

 

びん長まぐろってスズキ系サバ科なんですね、はじめて知りました。

ツナとして食卓に並ぶことが多い魚のようです。

 

 

さて、お次は

第9位  甘エビ

f:id:kinoshitakonoki:20210716120808j:plain

 

写真は魚べいメニューのご案内から引用しています。

甘エビです。えび好きなわたしは、えびは確実に食します。

甘エビのぷるんとした見た目と口に入れたときのとろける食感と甘さがすごく好き。

 

一時期、甘えびにハマりすぎてこればかりを食べてたことあります。

今ではだいぶランクが落ちてしまいましたが、悩みに悩んでこの順位に落ち着きました。

 

実際の名前はホッコクアカエビというタラバエビ科に分類するエビです。

生で食べると、グリシンやアラニンというアミノ酸に由来する甘みが出ることで甘えびと言われています。(最初のひとくちからアミノ酸を感じてるんですね)

 

さて今度は

第8位  まぐろたたき軍艦

f:id:kinoshitakonoki:20210716122026j:plain

 

写真は魚べいメニューのご案内から引用しています。

まぐろのたたきが死ぬほど好きです。

ネギトロ丼になったり、細巻のネギトロ巻きになったり、恵方巻などの太巻きにもまぐろのたたきは入っていたりします。最高ですね。

 

死ぬほど好きなのに8位だって??

もちろん他にも入ってきます。

 

まぐろのたたきは、なめらかな食感と脂の甘さが口いっぱいに広がって幸せいっぱいになる。

 

ねぎとろという名前はよく意味を間違われがちだけど、まぐろの身を部分をそぎ取ることを「ねぎ取る」ということからねぎとろと言われるようになったのだが、わたしはよく寿司屋で「ねぎとろのネギ抜きで」という注文をしていたら、すし職人さんがいつも「ねぎとろなのにネギ抜きなの?」と笑いながら言ってきたのが腑に落ちていない。

 

そこで訂正するとイヤな客になるので、笑って過ごしたが内心訂正したい欲が湧きたっていた。職人さんも知っててネタとして出したのかもだけどね。

 

 

やば!まだ8位なのに話が長くなってきた。

 

さてさて、続いては

 

第7位  えび天巻き

f:id:kinoshitakonoki:20210716124549j:plain

写真は魚べいメニューのご案内から引用しています。

これ、ひと皿でお腹にかなり溜まるので、ごくごくたまーにしか注文しないんですけど、ごはんと海苔のロールの中にえび天が入ってるという見た目からインパクト高いんですよ。

 

えび天て年末の年越しそばの上に乗っけるくらいしか見ることがない代物なんですけど、まさか、まさか、まさかの巻物になっている~~~!!!

 

もちろんこのえび天は小さめなえびを使ってるので、あのお蕎麦の上に乗ってるのとは全然違うんですけど、インパクトだけで食べてみたら、いやこれ癖になるやつやん。

 

ただ、今魚べいのサイト見てみたら、ひと皿で350kcalもあるんですって!

美味しくて何皿も食べてたらデブになる要素満載なんですね(笑)

 

やっぱりわたしのごくごくたまーにの注文で間違ってなかったようだ。

 

さて、お次は

 

第6位  大赤えび

 

f:id:kinoshitakonoki:20210716130141j:plain

写真は魚べいメニューのご案内から引用しています。

もう、この大赤えびはえび好きなら一度は食べてみてください。

大って書いてあるくらいなので、甘えびに使われるアカエビとは比べものにならないくらい厚みがあってしっとりぷりっと美味しいのです。

 

この上に乗ってる赤いつぶつぶが何か気になって調べに調べを重ねたのですが、どこにもこれが何なのか書いてありません。誰も気にしないのか、ブログにサラッと写真と名前だけ載せて終わってるじゃありませんか。

 

ええ!これはなんなのよ。気になる!!

魚べいさん教えて!!

 

さてさて続いては

 

第5位  いなり

f:id:kinoshitakonoki:20210716143142j:plain

 

写真は魚べいメニューのご案内から引用しています。

定番のいなり寿司です。

毎回行くときは必ず食べてています。シメです。

わたしがこれを食べだしたらもう終わりなんだなと思ってください。

 

回転寿司で出してるいなりって、なんであんなにじゅわっとジューシーで甘じょっぱくて美味しいのかな。

この甘さがシメに最高なのです。

 

少し前のTwitterのスペースで話した時にもおっさん(スピカ氏)共々納得してたのですすが、スーパーで出してるいなり寿司はどちらかというとしっとりというよりパサつきというのかな、汁気がないいなり寿司なんですけど、回転寿司のいなり寿司はじゅわっとしてるんです。

 

甘じょっぱい汁がたっぷりと口の中に広がるんです。

 

ああ、食べたくなってきた。

 

 

さて、お次は4位!と行きたいところなんですけどその前に、

 

番外編と行きましょうかね。

 

 

サイドメニューも豊富なんですよ、この魚べいは。

そのオススメサイドメニューを三つ紹介したいと思います。

 

 

わたし個人が選ぶ、魚べいサイドメニュー

1.  あさりの味噌汁

f:id:kinoshitakonoki:20210716145402j:plain

写真は魚べいメニューのご案内から引用しています。

 

やっぱりお寿司ばっかり食べてると温かいものを体に入れてあげたくなりますよね。

そんな時には、あさりのお味噌汁がおすすめです。

昔はあおさ汁の方が好きだったんですけど、いつ頃からかあさりの方が好きになっていました。

 

熱々で運ばれてきたあさりの味噌汁を、少しふうふうした後ひとくち飲むと思わず「ほっ」と声が漏れてしまう。のどと器官を温かい味噌汁が通って行くんです。

そして、ごろごろっとした沢山のあさりがまた美味しい。

食べ応えが大ありです。

 

2. 大盛醤油バターソースポテト

f:id:kinoshitakonoki:20210716150459j:plain

写真は魚べいメニューのご案内から引用しています。

醤油バター(もとい、バター醤油)好きはきっと絶対これ食べてしまうはずです。

 

フライドポテトに醤油バターソースを絡めてるだけんですけど、なんでこんなに美味しいのでしょう。

 

いつも「家でも出来るね」って家族と話すんですけど、家でやったのと魚べいで食べるのとではなぜか味が違う。魚べいで食べる方がずっと美味しい。なぜですか?魚べいさん。

 

大盛なのでご家族みんなの箸休め的な感じで食べると、お腹いっぱいになりすぎないので良いですよ。

 

3. こだわり醤油ラーメン(あっさり)

f:id:kinoshitakonoki:20210716152007j:plain

写真は魚べいメニューのご案内から引用しています。

最近の回転寿司のラーメンって侮れないんですよね。

もちろんお寿司屋さんなので、お寿司を食べながら食べると思うのでサイズ感もちょうど良くスルスルっと食べられるあっさり味。

 

ラーメン屋さんのこだわりラーメンってよりは昔ながらのあっさりとした醤油ラーメンって感じです。

 

こってり味も食べたことはあるのですが、ほんとこってりでわたしにはちょっと...という感じでした。こってり好きにはもしかしたらちょうど良いのか物足りないのかもしれませんが。

 

 

超個人的に選んでみましたが、いかがでしょうか。

お好きなものはありましたか?

 

 

そしてランキング4位から1位の話は明日に続きます。

(ええ、噓でしょ...)って思いの方、本当です。

 

明日には、ランキング4位から1位の話とまた番外編が付くかなってところなのでよろしくお願いします~。

 

ランキングとサイドメニューの話をもう一度見たい方はこちらの目次から戻って見ることが可能です↓↓↓↓

 

ではまたね(*´▽`*)

 

読者登録励みになります。

 

 ご飯やさんのはなし

www.kinoshitakonoki.com

www.kinoshitakonoki.com

www.kinoshitakonoki.com

 

 

ブログ村に参加しています。

よろしかったらポチッと応援よろしくお願いします(*´艸`*)

 ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 病気ブログ 難病(特定疾患)へにほんブログ村 病気ブログ 高安動脈炎へにほんブログ村 その他日記ブログへ にほんブログ村 その他日記ブログ 心の声へ
にほんブログ村

 

スポンサーリンク

 

 

 

セキュリティ対策不要!今すぐ始める、はてなブログPro

Copyright © 2017-2021 木ノ下コノキ All Rights Reserved.