難病女子の心の裏側日記

難病と闘いつつ、好きなことを楽しむブログです☆

障がい者にも安心の寿司屋のごはん見えないほどのサーモンいくらとえび汁と餃子のはなし

 

こんにちは、木ノ下コノキ(@kinoshitakonoki)です。

 

 

コロナが増え続け、また日々の生活が変わって家に篭ることが多くなりそうな昨今ですね。

今回は、食べること大好きなコノキが昨年末と今年始まってすぐに行ってきた美味しかったお店の話でもしていこうと思います。

 

 

ごはん見えないほどのいくらとえび汁と餃子のはなし

 

すしの田丸家~田縁~

www.tamaruya-dennen.com

年始に伺ったすしの田丸家田縁さん、今まで色んなお寿司屋さんに行ってみたけど、珍しいなと思ったのがピアノ生演奏があるところ。食事をしながらゆったりとした気分に浸れるピアノ演奏。

 

そして、それほど大きくはないが壁にはスクリーンがあり、海の中の色んな魚の映像が流れている。

 

店内はテーブルとテーブルの間が結構ゆとりがあるのですが、コロナだからかと思っていたらどうやら前かららしい。というのも、トイレが車イスも入れる広めにとったスペースがあり、手すりも付いてる。同じスペースに洗面所もあり、障がい者にも安心のお寿司屋さんである。

 

これで何年後か完全に歩けなくなっても、ここなら行けるかなと思う。

 

 

さて、肝心の食事したものですが、これがですね最高すぎた。

 

サーモンといくらの親子丼 ランチセット3200円

前菜のサラダと茶碗蒸し

f:id:kinoshitakonoki:20220116105612j:plain

ニンジンのドレッシングのかかった野菜たっぷりのサラダとポタージュスープのような茶碗蒸し。サラダのお皿が小さめなのか、サラダがのり過ぎなのか、わたしはボロボロとこぼしながら食べてしまった...(汚くてごめんなさい)

 

茶碗蒸しは、ポタージュスープの中に茶碗蒸しがあるような不思議な食感でした。

これもう一回食べたい。

 

そして主役のサーモンいくら丼です。(お味噌汁とガリ、わさび、出し巻きたまごも付いています)

f:id:kinoshitakonoki:20220116104039j:plain

このサーモンといくらの親子丼どうです~??

最高でしょ。

 

いやなんか運ばれてきた時、うわああああ(目キラキラ)しましたもん。

もうちょっとアップにすると、これよ。

f:id:kinoshitakonoki:20220116104056j:plain


いくらがキラキラすぎて、上に乗ってるサーモンが一瞬見えなかったくらいに...

 

実際、サーモンも特大でですね、折りたたまれてここに鎮座してるのですよ。

 

まあ、わたしにとっていくらはいつでも中心にいるんですけどね。

f:id:kinoshitakonoki:20220116104842j:plain


いくらをすくってみても、下のご飯が見当たらず、あれまだ??って感じでしたよ。

 

それでもご飯茶碗2杯分はご飯が入ってるっていうんだから、いくらの量もかなりあるのが覗える。

 

かなりの量なので、ハーフを頼むのをおすすめする。

 

デザートの抹茶ケーキとホットウーロン茶

f:id:kinoshitakonoki:20220116113236j:plain

散々食べてお腹いっぱいなのに、なぜでしょう...

美味しそうな抹茶ケーキが目の前に来ると徐々にお腹が空てくるような感覚が。

温かいホットウーロン茶で「ほうっ」として、あっさりとした甘みの抹茶ケーキ。横のオレンジ色はみかんだったかな。

 

なかなか敷居が高そうなお店だったけど、あれだけの量と最高のおいしさだから3200円は納得。

 

そんな田縁の場所は、宇都宮市鶴田町。

近くにはやきそばの「ばそきや」やマクドナルド、東京インテリア家具、トイザらスなどがある。

 

駐車場は25台分ほどのスペースが、お店の斜め向かい側にある。

(あ、一つだけ助言。店内寒いから厚手の上着かブランケットなどがあると良い)

 

定休日 水曜日

営業時間 11:30~14:30

     17:30~21:30

 

インスタグラム→https://www.instagram.com/sushidenenn/

ぐるなび ↓↓

すしの田丸家 田縁‐DENEN‐
〒320-0851 栃木県宇都宮市鶴田町1508-6
5,000円(平均)1,500円(ランチ平均)

r.gnavi.co.jp

 

 

さて、お次は

 

オオモリ製作所 壬生店

ohmoricom.jimdofree.com

近いのに存在すら知らなかったラーメン屋さんでしたが、ホームページを見てみたら、店内お洒落だし清潔そうだし、色んなメニューがあり気になったお店で、その中でも海老つけそばがめちゃくちゃ気になった。

 

海老つけそば食べる気で店内へ。

 

入口手前の5段ほどの階段を上がり、少し重めのドアを開けるとストーブと消毒液、メニューがあり、混んでる時はここで暖を取れるようになっている。少し先に進むと食券が買える自販機がある。

 

ここでちょっとした行列が生まれる。

 

当たり前だけど、杖置きなどなく何かするときはいつも股の間に杖をはさんでお金を出す。この時は彼のおごりだったのですべてやって貰って助かったが、「どうせなら上海老つけそばにしようぜ」というので上海老つけそばに変更した。

 

上海老つけそば 1200円

f:id:kinoshitakonoki:20220116140933j:plain

つけそばの麺は小、並、大盛から選べる。

 

ちなみにこれ(上の写真)は並。

海老の濃厚なスープと太い麺の上にはレアっぽい柔らかいチャーシューと鶏チャーシュー、海苔と味玉がのっている。目が輝いたよね、わたし。

f:id:kinoshitakonoki:20220116150858j:plain

太めの麺がコシがあって、かなり食べ応えがあり鶏チャーシューも豚チャーシューもめちゃくちゃに美味しい。そして私の中で最高すぎるのが、味玉。

中のオレンジ色が濃くってとろけてて、思わず「幸せの味がする」と漏らした最高の味玉。

 

そしてこの時に一緒に頼んだのが、餃子。(5個 450円)

f:id:kinoshitakonoki:20220116151429j:plain

少し大きめで、焼き色もちょうどよく、中に入ってる野菜とお肉の量が、自分史上最高の割合を見せててわたしの口が喜んだ。

 

「おいしいいいいいい」思わずテンション上がってしまいました(コロナも気になって、小声で叫びました)

 

そして感動したのがもう一つ、レンゲもお箸もコップも普段だったら洗って再利用するようなものが、コロナ仕様ですべて使い捨てになっていた。

 

紙コップにレンゲとお箸と手拭きの紙タオルを入れて、帰りに大きなゴミ箱にお客が各自捨ててから帰るというスタイル。

 

いいよね、これ。よく考えたなと感心した。

 

そんな「今」仕様のオオモリ製作所の場所は、下都賀郡壬生町。

 

近くには、おもちゃのまち駅、独協医科大学病院、とちぎわんぱく公園があり、

 

壬生インターもありますし、今年の夏ごろにコストコ壬生店がオープン予定なので、コストコに行った際には是非お立ち寄りくださいね(*´ω`)

 

Twitter→自家製麺オオモリ製作所 壬生店 

定休日 木曜日

営業時間 平日 11:30~14:30

        17:30~19:45

          土日 11:00~14:30

駐車場 40台(お店入口前にあります)

 

まとめ

お寿司屋さんとラーメン屋と種類は全く違う場所の紹介しましたが、どちらが気になりましたか?

 

最近行くところ美味しいものばかりで当たり続きなんですけど、こうして行けるのが本当に幸せです。

 

どっちもまた行きたい。

次は両親に食べさせてあげたいな。

 

読者登録励みになります。

 

栃木のごはんやさんのはなし

www.kinoshitakonoki.com

www.kinoshitakonoki.com

 

ブログ村に参加しています。

よろしかったらポチッと応援よろしくお願いします(*´艸`*)

 ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 病気ブログ 難病(特定疾患)へにほんブログ村 病気ブログ 高安動脈炎へにほんブログ村 その他日記ブログへにほんブログ村 その他日記ブログ 心の声へ
にほんブログ村

 

スポンサーリンク

 

セキュリティ対策不要!今すぐ始める、はてなブログPro

Copyright © 2017-2022 木ノ下コノキ All Rights Reserved.