難病女子の心の裏側日記

難病と闘いつつ、好きなことを楽しむブログです☆

【企画】ティム・バートン作品を熱く語っちゃおうぜ!『第二夜』

 

こんばんは、木ノ下コノキ(@kinoshitakonoki)です。

 

 

先週の8/31(土)に公開した【企画】ティム・バートン作品を熱く語っちゃおうぜ!『第一夜』、たくさんの人が訪れてくださいました。ありがとうございます( *´艸`)

www.kinoshitakonoki.com

 

今回もテンション上げて行っちゃいますよっ

 

 

 

ティムバートン監督についてはこちらサイトに詳しく書かれています。

eiga.com

 

ティム・バートン作品を熱く語っちゃおうぜ!『第二夜』

f:id:kinoshitakonoki:20190903101043j:plain

 

 

今回もやっていきますよ!

 

ティム・バートン監督作品大好きなメンバーたちがその大好きさを語るこの企画!

 

 

さあ!第二夜、はじまりますよ~

 

 

今回の一人目は、

 

さとさん(@kasat117)作 「DUMBO ダンボ」

f:id:kinoshitakonoki:20190903055505j:plain

ご本人コメント


ディズニーアニメーション「ダンボ」の実写化。 ティム・バートン監督の世界観で描かれた「ダンボ」はダークさを感じられたり、キャラクターそれぞれの味が強く出てきて魅力的でした( ◜ω◝ )

 

ひとりひとりのキャラを描いても楽しそうなくらいに個性的。 クリッとした目のダンボと、美しい女性のコレット(エヴァ・グリーン)の組み合わせが好きで描きました( ˘ω˘ )

 

ナイトメアー・ビフォア・クリスマス、チャーリーとチョコレート工場、ビートルジュース… 作品に触れるとどれも魅力的なので、どれを描こうか悩みました( ˘ᾥ˘ )

 

また機会があれば、作品を観つつ、描きつつ… ティム様の世界観を楽しもうと思いますよ〜。

 

 oh!ダンボ!

 

ダンボ可愛いし、女性が綺麗で色気があるじゃないですか!

 

テンション上がりましたよ!

 

ダンボは観てないけど、観たい映画NO.1作品!(これは近々観てみます)

これ観たって人が声を揃えて「良かった」というものだから、ずっと気になっている。

 

ティム企画は少し忘れたころにまたやってみたいなと思います( *´艸`)

やるとなったら、また一緒に楽しみましょうね~

 

 

さとさん情報

Twitter→@kasat117

ブログ ↓↓↓

sato117.com

 

さて続いては、

 

あるふぃーるさん(@alfeelalfeelp)作 「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」

f:id:kinoshitakonoki:20190903060355p:plain

ご本人コメント

私の中でティムバートンといえばナイトメアー・ビフォア・クリスマス!

ジャック・スケリントンがかっこいい!!

ドット絵でレトロゲーム風に表現してみました。

2Dにしたらスレンダーボディが消えうせたのは・・・申し訳ないっ

 

ちょっと奥さん聞いてくださいよ~

これドット絵なんですってよ(何キャラ?)

 

PCで見た方がよりドット感が分かるかと思います。

 

ナイトメアー・ビフォア・クリスマスのCDと同じデザインで自分は「わー(歓喜)」となりました。

 

2.5頭身のジャックが可愛いですね。

そしてレトロゲーム風とのことで、本当にこのジャックがピコピコと動き出しそうです。

 

あるふぃーるさん情報

Twitter→@alfeelalfeelp

ブログ ↓↓↓ 

alf-note.com

 

さて続いては

 

小春さん(@hamu55ru)作 「スウィニー・トッド」

f:id:kinoshitakonoki:20190903061309j:plain

ご本人コメント

ティムバートン監督の作品のなかでも、ダークな要素のある【スウィニートッド】

 

映画を見たときには衝撃的な内容だなと思ったんですが、イラストでどこまでポップな雰囲気が出せるのか?と思っていたので、挑戦してみました!

 

着色には、色鉛筆とマスキングテープをコラージュして使用しています。

 

ジョニーデップとヘレナ・ボナム・カーターのタッグが本当に好きなので、ペアルックを着せたかったんです。w ティムバートン監督の作品の中に出演するヘレナ・ボナム・カーターの大ファンなので、今回描けてとても嬉しかったです。

 

あまり上手ではないイラストですが(^◇^;)

素敵なクリエイターさん達が参加されているお祭りに参加させて頂けたことに、感謝です!

 

「スウィニー・トッド」これはダークでミステリアスな雰囲気の映画ですよね。

 

前に一度だけみて、暗くて怖い印象があった映画なんですよね。

 

その怖く(わたし的表現)て、ダークな映画をポップに表現できる小春さん。

絵柄のポップさと内容のダークさのギャップよ、すごいですね。

 

そして色鉛筆だけかと思ってご本人に聞いてみましたら、マスキングテープを使っているようです。

 

小春さん情報

Twitter→@hamu55ru

ブログ ↓↓↓

koharunokirakira.com

 

 

さて続いては

 

ぱぱしゅみさん(@deadorrunning)作 「1989年 バットマン」より「悪徳警官エクハート」

f:id:kinoshitakonoki:20190903062640j:plain

ご本人コメント

 バットマンじゃねぇのかよwww とお思いのあなた。エクハートの存在こそバットマンを語る上で必要なファクターだということを今回は説明させていただこう。

 

バットマンの正体は「ゴッサム・シティの億万長者」ブルース・ウェインということは、どのバットマン作品をみても必ず取り上げられるマストストーリーという事で、ネタバレになることは無いだろうとここで説明をする。

 

ブルース・ウェインがバットマンになった直接的な原因として、両親を殺害した街の悪党に対する憎しみがある。が、もう一つはその悪党を取り締まらない警察組織に対しても…だ。

 

殺害された当時のブルース・ウェインは少年。その少年の証言に対し、警察はまともに取り合ってくれなかった。いや、むしろ面倒なゴロツキの殺人事件などサッサと終わらせて休みたかったのだ。

 

その様子を見たブルース少年は、悪党やその悪党を野ざらしにする警察に対して制裁を加える為にバットマンとなったのだった。(なお、唯一ゴードン警部だけは真摯にブルース少年の事を気遣っていたとの事)

 

ティムバートン版バットマンに登場するこのエクハートは、その警察組織内部の腐った情景を見事表しているようだ。警察の仕事は殆どせず、自分の金になりそうな事であればマフィアだろうが情報を横流しにする…。

 

正義の象徴である警察という職業を極限まで陳腐なものと昇華させるバットマンの世界観、そしてそれを見事表現したティム・バートン監督、そしてそれを見た目で「こいつはウザい警察官だ」と一発で分からせるエクハートを演じる「ウィリアム・フートキンス」すべて最高の要素が重なった時のワンシーンをイラストで表現してみました。

 

ぱぱしゅみさんは宣言通り、バットマンへの愛を語ってくださいました!

 

愛が溢れすぎて、これ読んでたらまた観たくなりましたね、バットマンシリーズを。

 

一度観たにも関わらず、エクハートという警察の顔が全く浮かばなくて申し訳ないです。

 

観てから出直してきます(笑) 

 

 

ぱぱしゅみさん情報

Twitter→@deadorrunning

ブログ ↓↓↓

papa-many-hobby.com

 

さて続いては

 

KONMA08さん(@konma08)作 「ナイトメアービフォアクリスマス」

f:id:kinoshitakonoki:20190903102050j:plain

ご本人コメント

6歳の末っ子が描いたジャックたちを私が仕上げました。 謎のジャックの歌を歌いながら描いてました。

 

と、送られてきたイラスト!上手すぎやしないですか?

 

6歳のお子さん作とは思えないほどに!!(KONMAさんが仕上げたとしてもイラストのほとんどはきっとお子さんが描いたのでしょう) 

 

歌いながらというのがまた可愛いですね( *´艸`)

 

KONMA08さんはお子さんたちとたくさんの映画を観てそれをブログに綴っています。

きっと映画のお絵かきが多いのだろうなと妄想しています。

 

KONMA08さん情報

Twitter→@konma08

ブログ ↓↓↓

konma08.hatenablog.com

 

そして第二夜、最後の方は

うさぽんさん(@00genjitsu_tohi)作 「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」

f:id:kinoshitakonoki:20190903104552j:plain

ご本人コメント

 そう・・・ティム・バートン映画は何がいいって
あの独特な暗さ・・・ダークな部分を描いてるのがいいんですよね
その世界観に惹き込まれてしまいます😊

 

「ナイトメア・ビフォア・クリスマス」は
なんといってもキャラクターが可愛い❤

 

残念クオリティのバレルとゼロ
(バレルの名前は調べました)
でもこれでも頑張って描いたのです

えぇ・・・何度も言うようですが・・・
こんな情報量の私めが参加してしまい申し訳(以下自粛)

 

最後に・・・

 

ティム・バートン監督大好きです!

ティム・バートンさん祭|うさぽん|note一部抜粋

 

 バレルとゼロがなんとも可愛らしい作品です!

 

いつもこうしてじゃれ合ってるのかな?

 

下のnoteの記事にこの愛を語る企画記事全貌が見られます。

ティムバートン作品愛に溢れすぎてますね( *´艸`)♡

 

うさぽんさん情報

Twitter→@00genjitsu_tohi

note ↓↓↓

note.mu

 

 「第二夜」まとめ

 

気になる作家さんの作品に戻りたい方はこちらの目次から向かえます

 

ティム・バートン作品を熱く語っちゃおうぜ!「第二夜」も愛に溢れた作品ばかりでしたね!!!

 

今回は6名の方にご参加いただきました。

 

自分的にウハウハでしたが、どうでした?楽しめましたでしょうか?

 

 

 第一夜、第二夜はこちらから

www.kinoshitakonoki.com

www.kinoshitakonoki.com

 

 

 

そしてまだまだ募集しております。次が最後の締め切りです。

今後の締め切り日と公開予定日(現在は終了しています)

最終締切 9/10(火)→9/15(日)公開予定

 

募集要項

f:id:kinoshitakonoki:20190710111204j:plain

ティム・バートン作品一覧

f:id:kinoshitakonoki:20190710111303j:plain

 

それではまた次回!

 

 

告知はこちらでもしています

www.kinoshitakonoki.com

 

 

ティム・バートン[映画作家が自身を語る]

ティム・バートン[映画作家が自身を語る]

  • 作者: マーク・ソールズベリー,遠山純生
  • 出版社/メーカー: フィルムアート社
  • 発売日: 2011/07/18
  • メディア: 単行本
  • クリック: 1回
  • この商品を含むブログを見る
 
ティム・バートン 鬼才と呼ばれる映画監督の名作と奇妙な物語

ティム・バートン 鬼才と呼ばれる映画監督の名作と奇妙な物語

 

 

 

読者登録励みになります。

 

ブログ村に参加しています。

よろしかったらポチッと応援よろしくお願いします(*´艸`*)

 ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 病気ブログ 難病(特定疾患)へにほんブログ村 病気ブログ 高安動脈炎へにほんブログ村 その他日記ブログへ にほんブログ村 その他日記ブログ 心の声へ
にほんブログ村

 

スポンサーリンク

セキュリティ対策不要!今すぐ始める、はてなブログPro

Copyright © 2017-2019 木ノ下コノキ All Rights Reserved.