難病女子の心の裏側日記

難病と闘いつつ、好きなことを楽しむブログです☆

【入院日記】入院前入院中ともにあのウイルスがちらつく話。後編

 

こんにちは、木ノ下コノキ(@kinoshitakonoki)です。

 

 

前編では入院前のはなしを書きました。

www.kinoshitakonoki.com

コロナウイルスによって入院するだけでも正直面倒な手続きが沢山ありましたね。

 

 

さて今回は入院中についてお話ししていこうと思います。

 

では始まります。

 

【入院日記】入院前入院中ともにあのウイルスがちらつく話。後編

f:id:kinoshitakonoki:20200526200841j:plain

 

入院の手続きを終え、病棟に向かいます。

 

(余談ですが、病棟に向かう時に乗ったエレベーターで父が押した閉まるボタンによって挟まれて右手を負傷w。。。その後、湿布貼ってもらい、アザがしばらくあったけど退院後気付いたら消えていました)

 

病棟に入ってからも消毒消毒消毒...どこへ入っても消毒ともちろんマスクは必須。

 

 

入院中は面会不可。

デイルーム(待合室のようなテレビのある部屋)での面会も不可!

(ここで面会してウイルスを中に持ち込んでたら意味ないもんね)

 

 

ここで両親とはお別れ。退院まで完全にお別れです。

 

 

仕方ない仕方ないコロナ対策だもの

病室に入ると、今まで経費削減のため置いてなかったハンドソープが洗面所に置いてあるのが見えます。さすがにこの時ばかりは用意せざるを得なかったのでしょう。(いつも自宅から持参してきます)

 

そして、看護師さんからいつもの検温と血圧測定に加え、風邪症状はないか、食べて味がするか匂いは感じるかなどコロナ感染時の症状と言われてる症状が出てないか聞かれました。

 

外来で散々聞かれて、ここでも聞かれさすがにうんざり。

しかし、入院中一日4回(検温時)この質問があり、うんざりどころじゃなかった。(仕方ない仕方ないコロナ対策だもの、と自分に言い聞かせる)

 

入院二日後にカテーテル治療を控えてるわたしは、その前にレントゲンや心電図、血液検査などの検査を受けまくるのですが、その検査の度に消毒、どこへ行っても消毒です。

 

わたしの触れた場所はその都度消毒されます(誰が触っても同じ対応だろうけど気分のいいものではありません)。

 

カテーテル治療の際もいつも以上に機材の消毒しまくっていました。

 

術後の熱でコロナ疑いかかる

カテーテル治療後はほぼ毎回熱出すわたしです。【入院日記】入院前入院中ともにあのウイルスがちらつく話。前編 でも書いたけど、わたしの平熱35.6です。そんな低い平熱のところに37.2の熱が。じぶんの感覚的に38度くらいの怠さ。

 

熱が出たことで看護師さんがなんとなくピリピリし始めます。

 

(看)味はわかる?あ。。。朝昼食禁止だったよね(汗)

 

(看)匂いはわかる?

(わたし)「わかります」の会話だけしてササっと行ってしまいそうだったのでアイスノンを貰って、あとは頭を冷やしまくりました。

 

熱でだるくて寝ていると時々看護師さんが見に来ては「大丈夫?」とカーテンを少し開けた距離のところから声をかけられて、どんな状態かコロナの症状(と言われてる)があるかないか色々質問されました。

新型コロナウイルス感染症、分かりにくい症状とは? CLINIC FOR

コロナの症状については、こちらのサイトがとても分かり易く載せています。

 

 

術後に限らず、高安動脈炎にはコロナの初期症状と似てる部分があるため、ほとんどが「ある」と答える形になってしまい、疑いを持たれたわたしのこの話は看護師から主治医にまで話が行く形となりました。

 

もしわたしがコロナにかかってしまったら...院内感染させてしまうかも知れない...

 

いつもの術後の熱!大丈夫!と思い込もうとしていましたが、周りの雰囲気がもうそういう状況ではありませんでした。

 

 

せめて...せめて熱が下がれば...

 

その日によく眠れたらもしかしたら下がったかも知れない熱も、術後の夜中は目の瞳孔を見たり、血圧測定や検温などを4時間おきに測りに来るうえ、点滴も交換に来るという全く眠れない状況に追い込まれます。

 

もちろん熱は下がるはずもなく、だからと言って特に上がることもなく

 

ただただ時間だけが過ぎ、看護師さんや主治医に心配されながら

術後二日目には熱が落ち着き、ごはんもしっかり食べられて、立ち上がって昼間はしっかり歩けてピンピンとなり、その状況を見た主治医が「大丈夫そうかな」とやっと胸をなでおろしました。

 

もちろんわたしも安心しました。

 

そしてその数日後無事退院して、退院から二週間たった今も元気です。

 

難病「高安動脈炎」であるわたしがコロナに感染してしまったら

きっと重症化して生きていけないんだろうなと思ってる。

 

それは常に頭に置いて生活している。

 

この病気の人が感染したという話はTwitterで2人ほど確認できているが、きっと他にもいるんじゃないかと思う。今のところ、その方が重症化したとか聞いてないけれど軽症だったとも聞いていない。

(今、Twitterから調べたらその後、陰性が確認されてた。良かった...)

 

今わたしにできること

 

とにかく今わたしにできることは、

  • むやみに外出しない
  • マスクをつける
  • 手洗いうがいする
  • 定期的に階段の手すりやドアノブ、受話器やリモコンなど家族みんなが触るところを消毒する
  • 部屋の換気をマメに行う

 ですかね。

 

昨日必要なものを買いにダイソーへ行ったのだけど、お店の中は人が沢山いて「密」にならないように気にしながら売り場見ていたから思いの外時間がかかってしまいました。

 

その売り場に誰かが陣取っていると近寄れないので、色々回りながら様子を見つつ、やはり同じ人が何やら選び悩んでてそこをどかないので、素早くサッと取るだけ取って買って帰りました(あの人は何十分あの売り場に居たのだろうか...)

 

ダイソーの店内放送でも「マスク着用」や「必要なものだけ買って長居しないでください」などすぐに買って帰るよう促していましたね。

 

きっとわたしの行動も店員さんからしたら怪しげで「早く帰って」の対象だったかもしれませんね。気を付けねば...

 

 

というわけで、入院中も大変でしたが、これからも第2波に備えてきちんと予防しつつ頑張っていこうと思います。

 

疾患持ちの方、高齢者の方はもちろん普段健康な方も

まだまだ気の抜けない新型コロナウイルス対策しっかりやって身を守っていきましょうね(*´ω`)

 

では、また!

 

 

 ほかの入院日記もあります

www.kinoshitakonoki.com

 

読者登録励みになります。

 

ブログ村に参加しています。

よろしかったらポチッと応援よろしくお願いします(*´艸`*)

 ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 病気ブログ 難病(特定疾患)へにほんブログ村 病気ブログ 高安動脈炎へにほんブログ村 その他日記ブログへ にほんブログ村 その他日記ブログ 心の声へ
にほんブログ村

 

トップページに戻る

www.kinoshitakonoki.com

スポンサーリンク

 

 

セキュリティ対策不要!今すぐ始める、はてなブログPro

Copyright © 2017-2019 木ノ下コノキ All Rights Reserved.