難病女子の心の裏側日記

難病と闘いつつ、好きなことを楽しむブログです☆

【闘病日記】(69)(2021.02.12)退院してきました、ほんと血流良いと見える世界が違うわ

 

こんにちは、木ノ下コノキ(@kinoshitakonoki)です。

 

 

2/1に退院してきました。あれから11日も経っていたんですね(;´∀`)

 

ハンドメイドのお店を6日から再開させるために、4日と5日だけ忙しく準備作業に動いたんですけど、予定していた「まとめ買いセール」準備途中で力が尽きました(;´Д`)

 

早く再開したい気持ちだけが先走ったようです。退院したばっかで体が追い付かないのは当たり前なのに。

その後何もしない時間を作ったら、約2か月遅れてた生理もきてだらっだらと過ごして今に至ります。(昨日終了したので少しずつ動き出しました)

 

【闘病日記】(69)退院してきました、ほんと血流良いと見える世界が違うわ

 

さて、今回も滞りなくカテーテル治療をしてきました。

 

毎度のことながら、退院後数日すると普通に近い状態に歩けるようになります。

f:id:kinoshitakonoki:20190704134745j:plain

以前にも載せたことがあった、「少し体調悪いときの杖なしと良いときの歩き方の違い」ですが、さらに悪すぎるときは壁づたいに足は引きづるように歩きます。いつも家族に話すとき「昔のゾンビのような」と表現します。 

先日、初代ゾンビがBSでやっててそれを見た両親が「ああ(笑)」と納得しておりました。

 

今は右のような感じで歩いております。退院すぐにはまだまだ全然もとには戻らなかったのですが、なるべく外に出たり、でもなるべくゆったり(気持ち的に)過ごしたりしていたら徐々に歩けるようになってきました。

 

歩けるようになると頭の位置も変わって、前を向いて歩くことができます。

 

もうこれね、世界が全然違うんですよ。

たぶんわたし何度も話してる気がするけど、下ばかり見て歩いてると自分の腰から下くらいまでの視界になるから外に行くことなんてできないし、用事があって出ても自分の杖の先と道路くらいしか目に入らない。

 

それでも最初のころは外を歩きながら「あ、また吸い殻落ちてる~」と言いながら歩いていたっけ(もっと外に行かないとな)

 

年の1/3くらいしか元気な時がないと思ってるんだけど、そのうちの超絶元気ってほんの少しだと感じる。

 

外には行けるほどじゃないけど、家の中では動けるときって手芸や絵を描いてるけどその時はまあまあ元気なときだったりする。

元気なときはなるべく外に出て気分転換するようにして、仕事が忙しくなったときはまあまあ元気な時、元気な時をフルに使ってしまうんだよな(注意点だし気を付けたいところ)

 

だけど先日、まあまあいいくらいのときに買い物に行ってきた。一か所寄る予定が3か所寄った挙句、食事までしてきて帰ってきたら疲れて寝込んだ上、次の日も重ダルイ感じがしてほぼ寝て過ごした。

 

無理はいけないな。

毎度毎度同じことの繰り返し。

 

昨日は断捨離してて腰やっちゃったしね...(とほほだよ)

 

来週からまたハンドメイド作品作りに没頭していると思うけど、無理はしない(しないようにしたい)

 

もっと「元気な時」を増やせるように、自分でも自分を気遣わないとね。

 

次回は「入院日記」をお送りします(*´ω`)

 

では、またね。

 

 

読者登録励みになります。

 

 最近の闘病日記

www.kinoshitakonoki.com

www.kinoshitakonoki.com

 

ブログ村に参加しています。

ポチッと応援よろしくお願いします(*´艸`*)

 ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 病気ブログ 難病(特定疾患)へにほんブログ村 病気ブログ 高安動脈炎へにほんブログ村 その他日記ブログへ にほんブログ村 その他日記ブログ 心の声へ
にほんブログ村

 

スポンサーリンク

セキュリティ対策不要!今すぐ始める、はてなブログPro

Copyright © 2017-2020 木ノ下コノキ All Rights Reserved.